トップウォーターロッドを選ぶ3ステップ&ロッド10選

更新日 2021年9月2日

トップウォーターロッドを選ぶ3ステップと、操作系or巻き系トップ向け、ショートロッドのトップ専用モデルなど、様々なタイプのロッドを10本ご紹介します。使用するトップについてやロッドの長さ、テーパーや素材についてまずは考えてみましょう。

トップウォーターロッドを選ぶ3ステップ

目的のトップの釣りにマッチした1本を探すための、3つのステップを解説します。
使用するトップのルアーウェイトやロッドの長さ、テーパーや素材について考えてみましょう。

1.使用するトップのウェイトを考えよう

トップウォータールアーは小さいサイズから大きいサイズまで幅広くあるため、ウェイトも幅広くなります。
ロッドの硬さで表すと、下はL(ライト)クラスから上はXH(エクストラヘビー)クラスくらいまでと、幅広くなります。

ベイトフィネスロッドなどで使用するルアーからビッグベイト対応ロッドなどで使用するルアーなどもあり、使用したいトップウォータールアーの大体のウェイトを明確にしておくことが大切です。

適合ルアーウェイトを見て、使いたいルアーのウェイトに合ったロッドを選ぶようにしましょう。

2.ロッドの長さを考えよう

オーバーハングや立木など、近距離をピンポイントに狙っていく釣りが代表的なトップの釣り。
オープンウォーターでロングキャストして使うトップの釣りや、ウィードやヒシ藻を狙ったフロッグゲームなどの釣りも。
狙う場所や操作性について考えながら理想的な長さを選びましょう。

近〜遠距離の狙う場所を考えて長さを決めよう

トップウォータールアー向けのロッドには、5フィート台から7フィート台まで幅広く存在します。
近距離〜中距離を狙うのであれば5フィート台から6フィート台前半のショートロッドを中心に検討してみましょう。
近距離のカバーを狙ったピンポイントキャストやアンダーキャスト、サイドキャスト、レンタルボートやフローターなどでオーバーハング下での取り込みなど、ショートロッドが使いやすくなります。

また、ベイトフィネスロッドやトップ専用ロッドは短めのロッドが中心になります。

遠くへ飛ばすことも多いような釣りでは、6フィート台後半から7フィートクラスの長めのロッドも検討してみましょう。

操作系トップはショートロッドがおすすめ

操作系トップを中心に使う場合も、ショートロッドが使いやすくなります。
ロッドワークでのルアーアクションのしやすさや軽さも特徴なので、長時間のルアー操作での負担を軽減できる魅力もあります。

3.テーパーや素材について

最後に、理想的なトップウォーターロッドを選ぶ為に知っておきたいテーパーや素材についてご紹介します。
細かなセッティングなどはロッドの商品説明で書かれていますが、テーパーや素材について把握しておくと、理想的な一本を選びやすくなります。

トップウォータールアー向けのロッドのテーパーには、スローテーパーからファーストテーパーまで幅広く存在しています。
また、ガングリップが印象的なトップウォーター専用ロッドなどはファーストテーパーなどもありますが、スローテーパーやスローテーパー寄りのロッドが多くなっています。

ナチュラルなルアーアクションでアピールできるテーパーは、スローやレギュラーテーパーが多く、細かなルアーアクションでアピールできるロッドは、レギュラーファーストやファーストテーパーが多くなっています。

出典:shimano

また、ロッドの素材によってもトップウォータールアーの使用感は変わります。
トップ向けのロッドには、グラスロッドやグラスコンポジットモデルが多く採用されています。
グラス特有のしなやかさによって、ラインスラッグのある状態をキープしやすくなり、操作系トップを動かしやすく、ルアーのアクションを増幅させれる特徴もあります。
また、巻き系トップに関しても、リトリーブ中のバイトの受け止めやすさにも繋がります。

カーボンロッドに関しては、他のルアーへの対応幅が広いモデルが多く、中には狙いがあってカーボン素材を採用しているトップが得意なロッドも存在します。

また、釣りメーカーの先進技術により、判断基準も複雑になってきている為、テーパーや素材について把握した上で、それぞれのモデルの特徴もチェックすると、より理想的なロッドが見つけられると思います。

トップウォーターロッド10選!様々なタイプより

ここからは、トップウォータールアー向けのロッドを10本ご紹介します。
巻き系トップや操作系トップが得意なモデルや、クラシカルなデザインのトップ専用モデルなど、様々なタイプをピックアップしました。
目的のトップの釣りに合った一本を探してみましょう。

1.シマノ 20ゾディアス 170M-G「巻き系トップに」

  • 想定購入価格:1.6万円前後
  • 適合ルアーウェイト:7~28g
  • 長さ:約7フィート(2.13m)
  • 硬さ:M
  • テーパー:レギュラー

ノイジーやクローラーベイトなどの巻き系トップで、バラシを減らしやすいグラスコンポジット採用の、20ゾディアス 170M-G。
しっかりとルアーの動きを引き出してくれるのも魅力で、近〜遠距離にアプローチできる長さも◎
ハードベイトを幅広くこなせる守備範囲も魅力の一本です。

2.アブガルシア ファンタジスタX-GLAIVE FNC-66M「操作系が得意」

  • 想定購入価格:3.9万円前後
  • 適合ルアーウェイト:3/8~3/4oz
  • 長さ:6フィート6インチ(198cm)
  • 硬さ:M
  • テーパー:レギュラー

トゥイッチやジャークなど、ポッパーやジャークベイトなど操作系の釣りが得意な、ファンタジスタ X-GLAIVE FNC-66M。
長時間のロッドワークでのルアー操作を続けやすい、先進技術のTAF製法が◎
近距離から遠目のポイントをカバーできる長さで、遠くからでもバスを寄せるトルクも特徴的な一本です。

3.フェンウィック カームウォーターグラス CW50CLJ「小型トップに」

  • 想定購入価格:3.9万円前後
  • 適合ルアーウェイト:1/4〜5/8oz
  • 長さ:5フィート
  • 硬さ:L
  • テーパー:スロー

小型ボートやフローター、カヤックなどにぴったりな、カームウォーターグラス CW50CLJ。
軽いルアーのウェイトをロッドに乗せてキャストしやすいセッティングが◎
一点を狙い澄ましたキャストも得意で、小型トップのアクションを引き出しやすいのも魅力。
クラシカルなデザインや美しいカラーも楽しめます。

4.ジャッカル リボルテージ RV-C70MH-FMG「大型トップに」

  • 想定購入価格:2.9万円前後
  • 適合ルアーウェイト:7〜35g
  • 長さ:約7フィート(2.13m)
  • 硬さ:MH

グラスコンポジットのソフトなティップにより、移動距離を抑えたスローな演出が可能な、リボルテージ RV-C70MH-FMG
バイトの際は吸い込ませやすい特徴を持ち、太軸のフックでもしっかり貫通させれるだけのベリー〜バットも◎
大型トップの釣りやテクニカルな使い方のビッグベイトの釣りでも力を発揮してくれます。

5.ボンバダ×ツララ ロイラ52「怪魚ハンタープロデュース」

created by Rinker
BOMBADA
¥47,080 (2021/10/23 08:11:04時点 Amazon調べ-詳細)
  • 想定購入価格:4.7万円前後
  • キャストウェイト:5〜25g
  • 長さ:5フィート2インチ
  • テーパー:レギュラー

怪魚ハンターボンバダテル氏プロデュースの、ロイラ52。
約1ozまでのルアーに対応し、トップウォータープラグに多い1/2ozのルアーにもロッドワークでのルアー操作時にティップが入る設計。
ルアー操作性の高さやキャスト性能の高いショートロッドで、ジャークベイトも得意な一本です。

6.テイルウォーク グラッピー 55UL「バスの引きを楽しめる」

created by Rinker
テイルウォーク(tailwalk)
¥14,080 (2021/10/23 08:11:05時点 Amazon調べ-詳細)
  • 想定購入価格:1.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:1/8〜1/2oz
  • 長さ:5フィート5インチ
  • 硬さ:UL
  • テーパー:スロー

ロッド全体でバスの引きを楽しめる、グラッピー 55UL。
グラスコンポジットモデルで、ルアーの動きを引き出しやすいセッティングが◎
取り回しが良く、小型ボートやフローター、カヤックなどで使いやすく、レトロなデザインもgood。
トップウォータープラグをはじめ、ジャークベイトやシャロークランク、ソフトルアーの釣りなど、広く対応できる一本です。

7.ダイワ リベリオン 661M/MLFB「特殊なテーパー」

  • 想定購入価格:2万円前後
  • 適合ルアーウェイト:4〜18g(1/7〜5/8oz)
  • 長さ:約6フィート6インチ(1.98m)
  • 硬さ:M/ML

ミディアムパワーのティップとミディアムライトパワーのバットを組み合わせた、リベリオン661M/MLFB。
ルアー操作の際はファーストで使用でき、キャストの際はロッド全体が曲がる特殊なテーパーが◎
ベイトフィネスの釣りから、トップやジャークベイトも得意なバーサタイル性能を備えた一本です。

8.テイルウォーク フルレンジ C70M/G「羽モノが得意」

  • 想定購入価格:1.7万円前後
  • 適合ルアーウェイト:3/16〜1oz
  • 長さ:7フィート
  • 硬さ:M
  • テーパー:レギュラー

羽モノやバズベイトの釣りに対応できる、フルレンジ C70M/G。
グラスコンポジットモデルで、巻き系トップでのバイトの乗せやすさはもちろん、クランキングにも相性◎
シャーロー&ディープクランク、スピナーベイトやチャターベイトなどもこなし、トレースコースを調整しやすい長さも魅力の一本です。

9.レジットデザイン ワイルドサイドWSC64XH「1〜2ozトップに」

  • 想定購入価格:3.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:MAX100g
  • 長さ:6フィート4インチ
  • 硬さ:XH
  • テーパー:ミディアムファースト(レギュラーファースト)

1〜2ozの大型トップやビッグベイトに理想的な、ワイルドサイド WSC64XH。
シャープで粘りのあるセッティングで、ダートや細かな操作も◎
ルアーの重みを乗せて狙ったポイントへキャストしやすく、操作性もgood。
小型ボートやフローターで特に活躍する一本です。

10.ダイワ ブラックレーベル SG551L+RB「高弾性カーボン」

想定購入価格:3万円前後
適合ルアーウェイト:3/32~7/16oz(2.7~12g)
長さ:約5フィート5インチ(1.65m)
硬さ:L+

ロッドワークでのルアー操作とスピーディーな演出でアピールすることが得意な、ブラックレーベルSG 551L+RB。
SGシリーズならではの高弾性カーボンの強みを活かしたロッドで、スイッシャーやポッパー、ペンシルベイトの釣りに◎
ピンポイントキャストも得意で、ジャークベイトを高次元にこなせるのも特徴の一本です。

エキサイティングなトップの釣りを楽しもう!

理想的なロッドは見つかりましたか?
今回は、トップウォーターロッドの選び方と、10本の様々なロッドをご紹介しました。
目的のトップの釣りにマッチした1本で、ぜひ「水面爆発」を楽しみましょう!

RETURN TOP