スピナーベイト向けリール!理想的なベイトリールの特徴、おすすめ7選

スピナーベイト向けのベイトリールについて、理想的な機種の特徴やおすすめのベイトリールを7機種ご紹介します。様々なシーンで出番のあるスピナーベイト。フィールドや使い方にマッチした1機種を探してみましょう。

スピナーベイトの強み

出典:daiwa

まずはスピナーベイトの強みを把握して、強みを活かせるリールをイメージしてみましょう。

タイトに攻めれる

アームのおかげで根掛かりも少なくストラクチャーに対し、よりタイトに探れるのがスピナーベイト。
ウィードやストラクチャーのシェードにいるバスなんかも、とても狙いやすいルアーです。

カバー撃ちは特にタイトにキャストできる為、他のルアーでは狙いにくい場所まで探ることができます。
また、濁りがあり視界が悪くなったバスがぴったりとストラクチャーについているような時にも有効です。

様々な場所を狙える

バジングなどの表層の釣りから中層、ディープ。近距離から遠距離と様々な場所を狙った釣りができるのも特徴です。

スピナーベイトに理想的なベイトリールの特徴

出典:shimano

続いて、スピナーベイトの釣りでより強みを活かすことのできるベイトリールの特徴をご紹介します。
使用するフィールドの特徴や使い方をイメージして、理想的なリールを考えてみましょう。

  • 遠投性能、ブレーキ性能(低弾道キャストがしやすいなど、カバー撃ちにも◎)
  • ギア比は、スローリトリーブもファーストリトリーブもバランスよくこなしやすいギア比7台を目安に選ぶのがおすすめです。
    好みやスピナーベイト以外に使うルアーなども考え、選びましょう。
  • きれいなリトリーブが可能な巻き心地の良さや安定感、できれば利き手側のハンドル。(キャスト後の持ち替えの際、ロッドのグリップエンドが邪魔な場合はロッドを縦にすると持ち替え易くなります)
  • 重量級のスピナーベイトを使用する場合は、パワーや剛性。

スピナーベイト向け!おすすめベイトリール7選

出典:daiwa

ここからは、スピナーベイトに理想的なベイトリールを7機種ご紹介します。
比較的新しい機種を中心に、手の届く価格帯〜ワンランク上の機種までご紹介します。
巻きの釣りが得意な丸型リールやコンパクトで手返しのいい機種。
一台で軽量ルアーから重量級ルアーまで広く対応できる機種など、理想的な1機種を見つけてみましょう。

1.「ブレーキ性能、巻き物が得意」カルカッタコンクエストDC100

  • 想定購入価格:5.5万円前後
  • ギア比:5.6、6.8
  • 自重:240g

巻き物ルアーが得意な、カルカッタコンクエストDC100。
滑らかで安定感のあるリーリングが可能で、より釣れる巻きの釣りに適したモデル。

細かくブレーキ設定が可能なI-DC5を搭載し、空気抵抗が大きいスピナーベイトにもぴったりな、空気抵抗のあるルアーを強風でも遠投できるウインドモード搭載が魅力。
伸びのあるキャストも特徴で、低弾道キャストや遠投の際の伸びも嬉しい逸品です。

2.「守備範囲の広い洗練機種」スティーズCT SV TW

  • 想定購入価格:5.5万円前後
  • ギア比:6.3、7.1、8.1
  • 自重:150g

重量級ルアーからベイトフィネスの釣りもカバーできる、スティーズCTSV TW。
コンパクトなボディで手返しがよく、立ち上がりの良いスプールで、精度の高いキャストも特徴。
遠投性能やブレーキ性能も高く、幅広くスピナーベイトをこなすのに魅力の秀逸モデルです。

3.「巻き感度が魅力」ミリオネアCT SV 70

  • 想定購入価格:4.5万円前後
  • ギア比:6.3、7.2
  • 自重:210g

2019年、11年ぶりにバス釣り用として復活したミリオネアCT SV 70。
ウィードやレイダウンなど、ストラクチャー周りのスピナーベイトにも嬉しい、巻き感度の高いオールマシンカットボディを採用。
高剛性で、安定感のあるリトリーブも強み。

5g以下の軽量ルアーから重量級をカバーできる守備範囲で、スピナーベイトも含む巻き物ルアーで特に重宝する逸品です。

4.「巻き心地やパワーが◎」カルカッタコンクエスト 100

  • 想定購入価格:4.3万円前後
  • ギア比:5.2、6.8
  • 自重:215g、220g

長く愛されてきたカルカッタコンクエストシリーズ。
カルカッタコンクエスト100サイズは、スピナーベイトにも適した巻き物ルアーが得意なモデル。
シルキーな巻き心地で、パワーや耐久性、剛性も◎

遠投性能も備え、扱いやすいパーミング性能も特徴的な優秀機種です。

5.「二つの付属スプールで広くこなす」レボ ディーズ8

  • 想定購入価格:4万円前後
  • ギア比:8.0
  • 自重:137g

本体スプールとスペアーシャロースプールにより、ベイトフィネスからビッグベイトなどの重量級ルアーもこなせる、2020年発売 レボ ディーズ8。
セラミックスーパーフリーベアリング搭載で、遠投性能の高さや少しの力を使ったピッチングでも、しっかりと狙ったところへ飛ぶのが強み。

操作性の高いボディ形状やコルクノブ採用で、青木大介プロデュース機種というのも魅力の逸品です。

手の届きやすい2機種

6.「DC搭載の遠投性能&低弾道キャスト」SLX DC

  • 想定購入価格:2万円前後
  • ギア比:6.3、7.2、8.2
  • 自重:210g

DCを搭載しブラッシュアップされた、2020年モデルSLX DC。
4段階のブレーキ設定で、軽量ハードルアーからビッグベイトまでカバー。
遠投性能や低弾道キャスト、対バックラッシュ性能も魅力のコスパの高い優秀モデルです。

7.「バーサタイル性の高い洗練モデル」タトゥーラ SV TW

  • 想定購入価格:2万円前後
  • ギア比:6.3、7.1、8.1
  • 自重:190g

コスパの高い人気シリーズからは、バーサタイル性の高い20タトゥーラSVTWをピックアップ。
扱いやすいパーミング性能やコンパクトボディで手返しがよく、低弾道のカバー撃ちや、空気抵抗のあるスピナーベイトのキャストも得意。
軽量リグからビッグベイトをカバーできる守備範囲も特徴的で、手頃な価格ながら洗練された逸品です。

理想的なリールで精度の高いスピナーベイトの釣りを

今回は、スピナーベイトの強みや理想的なリールの特徴、理想的なベイトリールを7機種ご紹介しました。

比較的よく釣れるルアーで、根掛かりも少なく、活躍の場が多いスピナーベイトの釣り。
ぜひ、理想的なリールを選んで、より精度の高いスピナーベイトの釣りを楽しみましょう。

  • 2020 08.03
RETURN TOP