シマノの2019年 Newバスロッド 『シェアしたい!3シリーズ』

シマノの2019年 Newバスロッド 『シェアしたい!3シリーズ』

最終更新日:

続々と、新製品が各メーカーから発表され、予約受付もスタートするこの時期。
「うーん、やっぱり今年はこのスタイルで行きたいし、このタックルかな〜」「今年はビッグベイト挑戦したい!」
などなど、この時期から今年のバス釣りスタイルをあれこれ考えるのは楽しいですよね♪

ってことで、今回は、シマノブランドに絞って、個人的に気になった2019年 Newバスロッドを3シリーズご紹介したいと思います。

1.カッコいいデザインで目を引く「19スコーピオン」

出典:shimano

まず、気になったのが、19スコーピオン。
海外遠征も想定されたモデルで、仕舞寸法は130センチ以下に統一。
おかげで、飛行機での搬送のサイズオーバーも気にせずに海外遠征での釣りが楽しめるモデルになっています。
ちなみに5ピースタイプだとよりコンパクトになります。(全て仕舞寸法約48cm以下)

べつに海外遠征に行かなくても、気軽に電車でこれ持って行くのもいいでしょうし、なんやったら5ピースタイプをカバンに忍ばせて、出勤前のいい時間帯にバス釣りを楽しむなんてこともできそうです。(実は昔考えたことがあります、笑)

テーパーは、レギュラーテーパーが軸となるラインナップで、キャスト面やランディングなど、扱いやすく汎用性も高くなっています。
気になる本体価格は、33,000円〜37,000円なので、ショップでは手に入れやすい価格になりそうです。
発売は、2019年3月予定です。

デザインはスタイリッシュで個性的♪

デザインはスタイリッシュで個性的

出典:shimano

個人的にスコーピオンロッドといえば、昔にあったギラついたメタリックなグリップのイメージがありますが、この19スコーピオンはスコーピオンカラーとも言えるレッドカラーが目立つデザインになっています。
このレッドカラーとコルクとの見た目・・・、「一度握ってしまうと離せなくなってしまいそうな」、そんな魅力的なデザインだと思います。

2.巻物好き必見!ポイズングロリアスに巻物モデル「XC」が登場!!

出典:shimano

JACKALL×シマノモデルであるポイズンシリーズの中でも、ちょうど中間の価格帯にあたるポイズングロリアス。
そのポイズングロリアスに巻物向けのシリーズが登場します。

「巻物するけど、グラスロッドはなんか重いよなー」
とか、
「感度があればもっとルアーが、どの辺りをどのように泳いでいるか分かるのになー」
とか、そういった悩みを解消してくれるのが、このグラスコンポジットモデルです。

巻物でもしっかりノセやすいグラスの強みと、カーボンの水中を把握しやすい強みを、両方いいトコ取りしたモデルです。
ラインナップはML、M、MHの3タイプで、本体価格57,000円〜61,000円。
発売は、2019年4月予定です。

3.シマノの代表的シリーズのバンタムに「センターカット2ピース」登場!

出典:shimano

旅先のわずかな時間でもバス釣りが楽しめるモデル。それが、バンタム センターカット2ピースモデルです。

例えば、温泉旅行や観光地巡りの時に、「有名なバス釣りフィールドも寄りたい!」
そんな時にもってこいなのが、このモデル。

確かに、バス釣りメインではないときに1ピースロッドを車に積んで持って行くとなったら邪魔になるなと。
でもこれだと、旅先で立ち寄った場所でも、本格的にバス釣りを楽しめるだけのスペックなんで、「なるほどなー」ってなりました。

あんまり、2ピースロッドの有り難みを最近感じれてなかったですが、車での旅行と同時に釣りも楽しむ時なんかにはめちゃくちゃいいなーって改めて発見です♪

そんな、バンタム センターカット2ピースモデル!
発売は、2019年4月予定で、本体価格は43,000〜46,000円となってます。

以上が今年の新作シマノバスロッドで気になった3モデルでした!

スコーピオンは遠征の釣り関係なしに手にしてみたいロッドに感じましたし、巻物好きな僕にとって、ポイズングロリアス XCが目立って見えました。
あとは、2ピースロッドで旅行のついでにフラッと有名フィールドに立ち寄るのありだな!っと新たな楽しみ方をイメージできたバンタム センターカット2ピースモデル。

まずは、今年したいバス釣りスタイルからあれこれ想像してみると、気になるロッドが見つかると思います♪

この記事と関連した記事♪

2019年 注目の「Newシマノベイトリール」はコレだ!

  • 2019 01.25
RETURN TOP