ラバージグ用に選ぶリール!適した要素&ベイトリール9機種をご紹介

最終更新日:

ラバージグの釣りに使うベイトリールに適した5つの要素と、適した機種を様々なタイプより9機種ご紹介します。まずは、ラバージグ向けの要素を把握して、スタイルに合った1機種を考えてみましょう。

ラバージグに使うベイトリールに適した5つの要素

出典:daiwa

ラバージグの釣りに選ぶベイトリールに必要な、5つの要素をご紹介します。
ラバージグの使い方や使用フィールドをイメージしながら、特に優先すべき要素を考えてみましょう。

1.ブレーキ性能

カバー撃ちでの使用の場合は、スキッピングや低弾道キャストがしやすい立ち上がりの良いスプールや伸びのあるキャストが可能な機種、対バックラッシュ性能が高いものが理想的です。
中距離や遠距離での使用の場合は、遠投性能や対バックラッシュ性能が高いものを選びましょう。

2.ハイギア

出典:purefishing

ストラクチャーに対して点で釣ることが多いラバージグの釣り。
そのため、見切って回収することも多くなります。
また、フッキングの際のラインスラッグ回収やカバーに潜ろうとするバスをスピーディーに浮かせるといったメリットもあり、ハイギアが使いやすくなります。

3.操作性

ラバージグの釣りは点で釣ることも多いため、キャスト数が多くなります。
また、カバー撃ちなど、ピッチングやスキッピングのしやすさで釣果につながります。
手返しの良さや、パーミング性の高さなど、扱いやすい機種を選びましょう。

4.剛性

出典:shimano

パワフルなフッキングや、カバーの中でバスをかけて引き剥がすなど、ラバージグの釣りは負担のかかるスタイルの釣りです。
最近の機種はよほど安い機種を選ばない限り、しっかりと剛性を備えたものが多いですが、剛性面で安心できるか?商品説明などで確認しておきましょう。
特にヘビーカバー攻略に使用するベイトリールの場合は、より意識して選びましょう。

5.ラインキャパ

太めのラインを使用するのが一般的なラバージグの釣り、14〜20lbやヘビーカバー攻略ではそれ以上の太さを使用する場合も。
目的のラバージグの釣りで使用するラインを想定して、近距離〜遠距離など、スタイルも考えてラインキャパに余裕のあるものを選びましょう。

ラバージグに使いたい!ベイトリール9機種

ここからは、ラバージグの釣りに向いているベイトリールを9機種ご紹介します。
比較的新しいモデルを中心に、1万円台〜5万円台の様々な機種をまとめました。
スキッピングなどカバー撃ちに適した機種や、パワフルでヘビーカバー攻略にも理想的な機種など、イメージにぴったりな機種を探してみましょう。

1.「操作性の高さや守備範囲が◎」スティーズ CT SV TW

  • 想定購入価格:5.5万円前後
  • ギア比:6.3、7.1、8.1
  • ナイロン糸巻量:12lb-35〜70m、14lb-30〜60m

2019年モデルのコンパクトでタフな、スティーズCTSVTW。
立ち上がりのいい小口径スプールを搭載し、操作性の高いコンパクトボディで、低弾道のカバー撃ちやスキッピングも得意。
ヘビーカバーにも対応できる剛性を備え、ベイトフィネスから重量級ルアーまでカバーできる守備範囲も強みです。

2.「高剛性、超ハイギア」REVO BLACK10

  • 想定購入価格:3.6万円前後
  • ギア比:10.1
  • 糸巻量:約14lb-115m、約16lb-100m

キムケンプロデュースの超ハイギアモデル、レボ ブラックテン。
マグネットブレーキでピッチングがしやすく、低弾道キャストや遠投性能も◎
高い剛性面も特徴的で、カバーからバスを引き剥がす際などに力が入るダブルフィンガーノブや、扱いやすいパーミング性能の高さも強みの機種です。

3.「一台で幅広くこなす」レボ ディーズ8

  • 想定購入価格:3.6万円前後
  • ギア比:8.0
  • 糸巻量:約14lb-100m、約16lb-85m(スペアシャロースプール:約8lb-100m、約10lb-80m)

一台であらゆるルアーに対応することをテーマに開発された、レボ ディーズ8。
二つのスプールが付属し、ベイトフィネスの釣りからビッグベイトなどの重量級もカバー。
持ちやすいボディ形状で、多くのキャストを繰り返す際に負担が減るソフトクラッチも◎

セラミックスーパーフリーボールベアリング搭載で、低弾道でスムーズに飛んでいくピッチングや遠投性能も強みの機種です。

4.「展開の早い釣りに」ジリオン10.0 SV TW

  • 想定購入価格:3.7万円前後
  • ギア比:10.0
  • ナイロン糸巻量:16lb 40-80m、14lb 45-90m

ギア比10.0の超ハイギアが特徴的な、ジリオン10.0 SV TW。
安定した巻きが可能な高剛性のフルメタルハウジングを採用し、無駄を無くした展開の早いラバージグの釣りに◎
軽いジグから重量級のジグまで広くカバーでき、TWSならではの遠投性能も備えた逸品です。

5.「カバー撃ち&遠投の釣りに」20メタニウム

想定購入価格:3.4万円前後
ギア比:6.2、7.1、8.1
ナイロン糸巻量:14lb-90m、16lb-80m、20lb-65m

カバーでのデカバスに安心の剛性を備えたコアソリッドボディや強度に優れたドライブギアが◎
操作性が高いコンパクト軽量ボディも強み。

マグナムライトスプールⅢならではの立ち上がりの良さや抜けのある伸びで、カバー撃ちから遠投の釣りで活躍してくれる優秀モデルです。

6.「世界的バスプロモデル」レボ アイク

  • 想定購入価格:2.5万円前後
  • ギア比:6.6、8.0
  • 糸巻量:約16lb-115m、約20lb-90m

世界的なバスプロ、マイクアイコネリモデルの、レボ アイク。
高剛性で高いドラグ力を持つパワフルなスペックで、撃ち物と巻き物をバランスよくカバー。
フッキングやランディングの際に重宝する、力が入れやすいグリップも特徴的です。

7.「遠投&カバー撃ちも」SLX DC

  • 想定購入価格:2.2万円前後
  • ギア比:6.3、7.2、8.2
  • ナイロン糸巻量:16lb-80m、20lb-65m

手の届きやすい価格でDCを搭載した、SLX DC。
高い遠投性能はもちろん、カバー撃ちでも低弾道キャストがきまりやすいブレーキ性能が◎
シンプルな4段階ダイヤル設定で、幅広いルアーに対応できるのも強みの逸品です。

8.「様々なキャストが得意」20タトゥーラ SV TW

  • 想定購入価格:2万円前後
  • ギア比:6.3、7.1、8.1
  • ナイロン糸巻量:14lb-45~90m、16lb-40~80m

スキッピングやバックハンドなど立ち上がりの良いスプールを活かしたキャストが得意な、タトゥーラ SV TW。
軽いラバージグから重量級までカバーでき、操作しやすいコンパクトボディも強みのモデルです。

9.「パワーゲームが得意」19タトゥーラ TW

  • 想定購入価格:1.6万円前後
  • ギア比:6.3、7.1、8.1
  • ナイロン糸巻量:14lb-115m、16lb-100m

パワーゲームが得意な19タトゥーラTW。
タフなスプールを採用し、太いラインを多く負けるラインキャパも◎
感度が伝わりやすいハンドルノブや、力が伝わりやすい90mmクランクハンドルも特徴的で、タフな釣りに理想的な逸品です。

高い精度でラバージグの釣りができる機種を!

理想的な1機種は見つかりましたか?
今回は、ラバージグ向けのベイトリールの要素、様々なタイプより適したベイトリールをご紹介しました。
ぜひ、高い精度でラバージグの釣りが展開できる機種を持って、フィールドへ向かいましょう。

  • 2020 08.11
RETURN TOP