マグナムクランク向けロッド!選び方と理想の12本

最終更新日:

マグナムクランクの釣りに理想的なバスロッドについて、選び方と理想的な12本をご紹介します。マグナムクランクの釣りに必要なロッドの要素やスペックを把握して、集魚力が高くエキサイティングなマグナムクランクの釣りを楽しみましょう。

マグナムクランク向けのロッド!快適に使うために重要な3要素

1.柔軟なティップ

適度な柔らかさと張り

巻きの釣りでバイトを弾にくいメリットはもちろん、ウィードなどのストラクチャーにスタックしすぎないメリットもあります。
また、ルアーの動きを把握しやすいというのも特徴です。

2.水中を把握できる感度

マグナムクランクの釣りでは、ボトムやウィードなどのストラクチャーを感知できる感度が必要です。
高感度を活かしてスタックしないようにすることはもちろん、ウィードに当てて浮かすといった繊細な使い方もできる為、バスのキャッチ率がアップします。

3.体への負担を低減できる設計

出典:shimano

巻き抵抗の強いマグナムクランクの釣りでは、体への負担を減らすことを考えることも重要です。
ロッドに重みを乗せて反発でキャストが楽であるか?軽さがあるか?ロングキャストして使用することが多いマグナムクランクを遠投しやすい長さがあるか?といったことが重要になってきます。

マグナムクランク向けの「ロッドのスペック」

1.ロッドの硬さ:MH、H、XH

使用するマグナムクランクのルアーウェイトが重量級である為、MH〜XHの硬さが中心になります。
重量級のロングキャストや巻き抵抗の強さにも耐えれる硬さが必要になります。

2.ロッドの長さ:7フィート前後〜7フィート後半

ロッドの長さは、7フィート前後から7フィート後半のロングロッドが中心になります。
ボートで中距離を狙うような使い方では7フィート前後。
ロングキャストしてマグナムクランクをしっかり潜らせて使うような場合は、長めを選ぶのがおすすめです。

3.ロッドのテーパー:レギュラーテーパーが中心

マグナムクランク向けのロッドには、レギュラーテーパーのロッドが多くリリースされています。
レギュラーテーパーのロッドでは、キャストのしやすさ、巻物ルアーの使いやすさ、ルアーの操作をバランスよくこなせます。

中には、高感度でルアーの動きを引き出しやすいファーストテーパーのモデルや、重量級ルアーが得意で、感度も備えたレギュラーテーパーのモデルなどもあります。
またテーパーに関しては、メーカーによっては特殊なテーパーのモデルもリリースされています。

代表的なマグナムクランクから適合ルアーウェイトを考えよう

下記の代表的なマグナムクランクから、必要なロッドの適合ルアーウェイトを考えてみましょう。
マグナムクランク以外もこなせるロッドが理想の場合は、他のルアーのウェイトも考えて理想の適合ルアーウェイトを考えてみましょう。

代表的なマグナムクランクのウェイト

  • ノリーズ ショットストーミーマグナム:46g
  • ノリーズ ショットストーミーマグナム TDM:48g
  • デプス イヴォーク4.0:56.5g
  • O.S.P ブリッツマグナムMR:45g
  • ラッキークラフトSKT Mag105:41g
  • ラッキークラフトSKT110 マグナムMR:56g
  • ストライクキング KVD 8.0:42g
  • メガバス BIG-M 4.0:56g

マグナムクランク向けロッド!理想的な12本

ここからは、マグナムクランクに理想的なロッドをご紹介していきます。
低〜中価格帯からは5本。ワンランク上のロッドからは7本をピックアップしました。
対応できるルアーウェイトや使い方、マグナムクランク以外に対応できるか?など、理想にマッチした一本を探してみましょう。

【低〜中価格帯】マグナムクランク向けロッド5本

1.「Newシリーズ&巻物得意」リベリオン 731MHFB-G

  • 想定購入価格:2.2万円前後
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:7〜42g(1/4〜1·1/2oz)
  • 長さ:2.21m(約7フィート3インチ)
  • 自重:132g

ダイワの2020年新シリーズ、リベリオン。
手に入りやすい価格で、操作性の高さや好みのロッドを選びやすい豊富なラインナップが◎
中でも、ディープクランクやマグナムクランクに理想的なスペックの731MHFB-Gをピックアップ。
チャターなどの早巻きやスピナーベイトも得意で、シングルフックをしっかりと掛けれるセッティングも特徴の一本です。

2.「巻き系ビッグベイトで活躍」エクスプライド 1710H+-SB

  • 想定購入価格:2.6万円前後
  • 硬さ:H+
  • 適合ルアーウェイト:14~84g
  • 長さ:2.39m(約7フィート10インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:150g

シマノの中価格帯バスロッドで人気のシリーズ、エクスプライドからは、巻き系ビッグベイトに特化された設計のロングロッド、1710H+-SBをピックアップ。
強くしなやかなブランクスで遠投性能が高く、クッション性もプラスされたティップで巻き抵抗も軽減できる設計。
マグナムクランクやスイムベイト、その他巻き系のビッグベイトが得意な一本です。

3.「繊細なティップ&遠投性能」ブラックレーベルLG 7101HFB-SB

  • 想定購入価格:3.4万円前後
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:11~127g(3/8~4・1/2oz)
  • 長さ:2.39m(約7フィート10インチ)
  • テーパー:ファースト
  • 自重:153g

ダイワバスロッドの中でも信頼の高い人気シリーズ、ブラックレーベルLGからは、LG 7101HFB-SBをピックアップ。
マグナムクランク、ビッグベイトが得意なモデルで、潜行深度を稼げる遠投性能の高さも特徴。
繊細なティップでルアーの動きを引き出しやすく、障害物やボトムコンタクトも把握しやすい一本です。

4.「クランク向けに設計」ファンタジスタ X-GLAIVE FNC-76MH+

  • 想定購入価格:3.6万円前後
  • 硬さ:MH+
  • 適合ルアーウェイト:3/8~2・1/2oz
  • 長さ:229cm(7フィート6インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:142g

アブガルシアの上位シリーズ、ファンタジスタ エックスグレイブからは、FNC-76MH+をピックアップ。
ディープクランクやマグナムクランクの釣りを想定して設計されたモデルで、絶妙な硬さやロングキャストできる長さも◎
超低弾性カーボン素材やTAF製法により、ねばりとトルクを持ち、体への負担を軽減するロッドバランスも強みの一本です。

5.「マグナムクランクやビッグベイトに」ポイズンアドレナ 174H-LM

  • 想定購入価格:3.8万円前後
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:10~56g
  • 長さ:2.24m(7フィート4インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:130g

シマノとジャッカルの共同開発シリーズ、ポイズンアドレナ。
中でも174H-LM(Magnum crank bait&BB)は、マグナムクランク、スイムベイト、ビッグベイトが得意なモデル。
ティップには低弾性カーボンを使用し、ルアーの動きを引き出しやすく、シリーズならではのルアーの動きや水中を把握しやすい、高感度のフルカーボンモノコックグリップも嬉しいポイントです。

【ワンランク上の】マグナムクランク向けロッド7本

出典:shimano

1.「遠投性能&パワーゲームを広くカバー」バンタム 1711H-SB

  • 想定購入価格:4.3万円前後
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:14~100g
  • 長さ:2.41m(約7フィート11インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:167g

シマノの代表的なバスロッド、バンタムからは1711H-SBをピックアップ。
マグナムクランクの釣りはもちろん、スイムベイトやビッグベイト、マグナムスプーンなど、パワーゲームを広くカバーできるモデル。
8フィート近い長さを活かしたロングキャストが得意で、狙ったところにルアーを送り込みやすいキャスト精度も◎
また、一定スピードでリトリーブしやすく、ショートバイトに追従してフッキングに持ち込めるセッティングも強みのモデルです。

2.「ウィード感知&バーサタイル性」フェイズ PCSC-71M+ シャープシューター

  • 想定購入価格:4.5万円前後
  • 硬さ:M+
  • 適合ルアーウェイト:7~56g(1/4~2oz)
  • 長さ:2.16m(約7フィート1インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:142g

エバーグリーンのバスロッドの中でも、ロッドを使う上で必要な動作を高次元で行うことをテーマに開発されているコンバットスティック フェイズ。
中でもPCSC-71M+ シャープシューターは、バーサタイル性の高いスイミングジグスペシャル。
鋭いティップで、ウィードを感知しやすく、大きな負担でスムーズに曲がりトルクのあるベリーからバットでフッキング性能も高い設計。

2オンスクラスのマグナムクランクまで対応でき、スイミングジグやブレードジグなどの巻物から、テキサスリグやフリーリグなどワームの釣りも広くカバー。

3.「きれいなリトリーブが得意」PCSC-70MHR ワイルドシューター

  • 想定購入価格:4.5万円前後
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:8.8~84g(5/16~3oz)
  • 長さ:2.14m(約7フィート)
  • 自重:158g

エバーグリーンのフェイズシリーズからは、きれいなリトリーブに集中しやすい特徴を持つモデル、PCSC-70MHR ワイルドシューターをピックアップ。
ルアーの振動を手元に響かせる設計にこだわったロッドで、まっすぐリトリーブしてバスに見切らせないことがテーマになるような巻物で、力を発揮するモデル。

手元でルアーの動きを把握できるため、リトリーブに集中でき、チャターベイトやスピナーベイトなどの巻物全般から、マグナムクランクやビッグベイトもカバーできる一本です。

4.「ルアー操作性の高いヘビーロッド」ロードランナーヴォイス HB680XH

  • 想定購入価格:5.1万円前後
  • 硬さ:XH
  • 適合ルアーウェイト:3/4〜3oz
  • 長さ:206cm(6フィート8インチ)
  • テーパー:Variable-Fast
  • 自重:192g

多くの秀逸ロッドが揃うノリーズからは、ハードベイトを快適に扱えるロードランナーヴォイス ハードベイトスペシャルをピックアップ。
中でもHB680XHは、50g級のマグナムクランクや、180クラスのビッグベイトを中心に、理想的なセッティングのモデル。
シリーズならではの狙ったところにルアーを送り込みやすいキャスト性能に合わせ、ヘビーロッドでありながらルアー操作性の高いテクニカルな展開ができる一本です。

5.「ヘビーバーサタイル」ロードランナー ヴォイス LTT690PH

  • 想定購入価格:5.1万円前後
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:3/8~2oz
  • 長さ:208cm(6フィート9インチ)
  • テーパー:Parabolic
  • 自重:183g

洗練されたロッドが揃うノリーズのロードランナーからは、ハードルアー&ソフトルアーをこなせるシリーズ、ロードランナーヴォイス LTTをピックアップ。
中でもLTT690PHは、ジグなどの撃つ釣りから、マグナムクランクや大型スピナーベイトなどの巻く釣りをこなせるモデル。
ロングキャストも可能な近距離から遠距離をこなしやすい長さが◎

マグナムクランクだけでなく、中量級ルアーから重量級ルアーまでバランスよく使いたい場合に理想的な一本です。

6.「リップ付きビッグルアーを中心に広く対応」モンストロ77

  • 想定購入価格:5.1万円前後
  • キャストウェイト:10~170g
  • 長さ:7フィート7インチ
  • テーパー:レギュラー
  • 自重:197g

パワーゲームに選ぶロッドで人気の高いメーカー、ツララからは、モンストロ77をピックアップ。
マグナムクランク、リップ付ビッグベイトを得意とし、ルアーの動きをしっかりと引き出せるセッティングが◎
トルクがあり大型ルアーのロングキャストや短時間でのランディングがしやすく、10g~6oz級に対応できる高いバーサタイル性も特徴の一本です。

7.「パワークランキングを想定」ポイズングロリアスXC 173MH-G

  • 想定購入価格:5.5万円前後
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:10~35g
  • 長さ:2.21m(約7フィート3インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:110g

シマノ×ジャッカル開発の巻物特化シリーズ、ポイズングロリアスXC。
中でもマグナムクランクに理想的なモデルが、XC173MH-G。
乗せやすさと感度が特徴のグラスコンポジット素材で、パワークランキングを想定した設計のロッド。

柔軟性のあるティップとパワーのあるバットでフッキングも安心。
チャターやスイムジグにも向いた一本です。

理想のロッドでエキサイティングなマグナムクランクの釣りを!

今回は、マグナムクランク向けのロッドの選び方と、理想的な12本をご紹介しました。
使用したいロッドは決まりましたか?
理想的なロッドで、エキサイティングなマグナムクランクの釣りを楽しみましょう!

関連記事

  • 2019 02.14
RETURN TOP