ジャークベイトロッド!選ぶ上で重要な要素とジャークベイト向けロッド13本

ジャークベイトロッドについて、選ぶ上で重要な要素と適したベイトロッドを13本ご紹介します。ジャーキングが必要になる特殊な釣りのため、独特な選ぶ要素があります。まずは、目的の使い方から考えてみましょう。

ジャークベイトが有効な時期やシーン

まずは、ジャークベイトが有効な時期やシーンについて把握して、ロッドを選ぶ上での目的の使い方を明確にしてみましょう。

  • 晩秋〜早春にかけての低水温期
  • 中層にバスがいる時
  • 他のハードルアーでは反応がない時
  • ベイトフィッシュを中心に捕食している時

ロッドを選ぶ上で重要な要素

ジャーク&ステイを繰り返すスタイルの釣りであるジャークベイトの釣り。
小型のジャークベイトであってもジャーキングを続けることで体への負担が大きく、ロッドによって長時間集中して使用できるかが変わってきます。
また、ジャークベイト特有のダートアクションをしっかり引き出せるか?にも関わってきます。
理想的な一本を選ぶためにも、重要な要素を確認してみましょう。

ロッドの長さ

出典:daiwa

ロッドアクションのしやすさが最も優先度が高い釣りのため、ショートロッドである約5フィート6インチ前後〜6フィート台前半を目安に選ぶのが一般的です。
この長さであれば、取り回しの良さや操作性の高さはもちろん、オカッパリやレンタルボートでの使用の際に、ティップが水面に当たりにくい長さになります。

遠投性能が必要な場合は、6フィート6インチを目安に6フィート後半くらいまでのロッドで、ルアー操作性が高いものを探してみましょう。

短いグリップエンド

出典:daiwa

ロッドのティップを下に向けたジャーキングがメインになるジャークベイトの釣りでは、グリップエンドが長すぎると肘や横腹に当たる為、体へ負担がかかり長時間のジャーキングがし辛くなります。
また、グリップエンドが短いことで、キレのあるアクションを引き出しやすいというメリットもあります。

そのため、ジャークベイト専用ロッドには、短いグリップエンドで、長時間のジャーキングがしやすい設計のロッドが多くなります。
ジャークベイト用としてロッドを選ぶ場合は、グリップエンドが短いタイプか?も意識して選びましょう。

適度なハリとクッション性

適度なハリによってキレのあるルアーのアクションを引き出せ、適度なクッション性により、ジャークの際の腕への負担を軽減でき、長時間の操作がしやすくなります。

ロッドのテーパー

出典:shimano

ショートバイトが多い低水温期では、ショートバイトを掛けやすいファーストテーパーか、レギュラーファーストを目安に。
バイトが多発するステイ中のフッキングもしやすくなります。

軽めのルアーでサイドハンドやバックハンドを多用する場合や、ロングキャストが必要な場合などは、レギュラーテーパーも検討してみましょう。

ロッドの硬さ

ジャークベイト向けのロッドは、L〜Mのロッドが多くなります。
使用するジャークベイトにマッチしたロッドのパワーを選ぶことで、理想的なダートアクションが引き出せます。
ロッドの適合ルアーウェイトを確認しながら、使用するルアーにマッチした硬さを選びましょう。

ジャークベイト向けロッド13本

ここからは、ジャークベイト向けのロッドをご紹介します。
ジャークベイト専用ロッドから、ジャークベイトに対応できるバーサタイル性の高いロッドまで、幅広い価格帯より様々なタイプのロッドをピックアップしました。
イメージにマッチした理想的な一本を探してみましょう。

1.「バーサタイル性、繊細さと強さ」20ゾディアス 166ML

  • 想定購入価格:1.5万円前後
  • テーパー:ファースト
  • 硬さ:ML
  • 適合ルアーウェイト:5~15g
  • ロッド長さ:約6フィート6インチ(1.98m)
  • 自重:95g

ソフトルアーやスモールからミドルクラスのハードルアーを広くこなせるバーサタイル性の高い、20年ゾディアス 166ML。
ジャークベイトやライトテキサス、トップなど、強さと繊細さを武器にした釣りが可能な一本です。

2.「絶妙な硬さ、守備範囲が◎」リベリオン 661M/MLFB

  • 想定購入価格:2万円前後
  • テーパー:ファースト
  • 硬さ:M/ML
  • 適合ルアーウェイト:4〜18g(1/7〜5/8oz)
  • ロッド長さ:約6フィート6インチ(1.98m)
  • 自重:100g

MのティップとMLのバットを採用した守備範囲の広い、20年モデル リベリオン661M/MLFB。
操作時はファーストにより、ジャークベイトのジャークやポッパーやペンシルベイトの操作が得意。
キャストの際はロッドに重みを乗せてのキャストができ、軽いルアーも飛ばしやすくなっています。
ベイトフィネスの釣りやスピナーベイト、チャターなどの巻物も対応できる一本です。

3.「洗練された一本」エクスプライド 165ML+

  • 想定購入価格:2.3万円前後
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 硬さ:ML+
  • 適合ルアーウェイト:5~21g
  • ロッド長さ:約6フィート5インチ(1.96m)
  • 自重:105g

カーボン素材にグラス素材を全体にコンポジットさせた特殊な、165ML+。
絶妙な素材の組み合わせで、連続的なジャーキングがしやすくなり、ルアーへしっかりとアクションが伝わるのも◎
ショートバイトもフッキングに持ち込みやすいティップも強みの一本です。

4.「小型ジャークベイトが得意」ブラックレーベル SG 551LRB

  • 想定購入価格:2.8万円前後
  • 硬さ:L
  • 適合ルアーウェイト:1.8~11g(1/16~3/8oz)
  • ロッド長さ:約5フィート5インチ(1.65m)
  • 自重:93g

100mm以下のジャークベイトを想定した、20年追加モデルSG 551LRB。
小型ジャークベイトのアクションを引き出せるセッティングで、操作性の高さが◎
小型トップも得意な一本です。

5.「テンポのいい釣りに」ポイズンアドレナ 163ML

  • 想定購入価格:2.8万円前後
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 硬さ:ML
  • 適合ルアーウェイト:5〜15g
  • ロッド長さ:約6フィート3インチ(1.91m)
  • 自重:92g

テンポのいいジャークベイトやトップを使った釣りが得意な、163ML Technical approach。
ベリーからバットに反発力を持たせたことで、キャストしてから無駄のないジャークが可能。
中型までのハードベイト&リグなどのソフトベイトにも対応した一本です。

6.「100mm〜130mmサイズに」ブラックレーベル SG551L+RB

  • 想定購入価格:2.9万円前後
  • 硬さ:L+
  • 適合ルアーウェイト:2.7~12g(3/32~7/16oz)
  • ロッド長さ:約5フィート5インチ(1.65m)
  • 自重:95g

100mm〜130mmサイズのジャークベイトやリップ抵抗の強いタイプのジャークベイトを想定した、20年追加モデル SG551L+RB。
ロッドアクションがしやすく、スピード感のある誘いで特に使いやすく、トップでも力を発揮してくれる一本です。

7.「特殊なテーパー」ブラックレーベル LG 662M/MLFB

  • 想定購入価格:3.1万円前後
  • 硬さ:M/ML
  • 適合ルアーウェイト:4~21g(1/7~3/4oz)
  • ロッド長さ:約6フィート6インチ(1.98m)
  • 自重:104g

ジャークベイトなどの操作が必要なルアーが得意な、20年追加モデルLG 662M/MLFB。
少ない負担ではファストテーパー。負担がかかるとロッド全体が曲がるマルチテーパー設計。
ラインスラッグの管理がしやすく、ロッドアクションでしっかりルアーに伝わるのも特徴的な一本です。

8.「ジャーキング専用ロッド」ニューデストロイヤー F4-65X ワンテンスティック

  • 想定購入価格:4.1万円前後
  • テーパー:スロー
  • 適合ルアーウェイト:1/4〜3/4oz
  • ロッド長さ:6フィート5インチ
  • 自重:101g

さらに磨きがかかったジャーキング専用ロッド、20年New F4-65X ワンテンスティック。
体への負担を軽減した設計で、ティップを下げた状態での操作性が高く、リズミカルなジャーキングが可能。
5Dグラファイト製法によるクッション性で、ダートの移動距離を引き出せ、曲げ戻しのスピードが早いのも特徴的です。

9.「操作系が特に得意なバーサタイルモデル」バンタム 168M

  • 想定購入価格:4.1万円前後
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 硬さ:M
  • 適合ルアーウェイト:7~21g
  • ロッド長さ:約6フィート8インチ(2.03m)
  • 自重:127g

ハード&ソフトルアーに広く対応できる、バーサタイルモデル、168M。
ロッドアクションが必要なジャークベイトやトップの釣りに特に相性が良く、オカッパリやボートなど幅広いシーンで使いやすい長さも強みの一本です。

10.「ルアー操作性&低弾道キャスト」フェイズ PCSC-63ML+ レーザーショット

  • 想定購入価格:4.1万円前後
  • テーパー:ローテーパー
  • 硬さ:ML+
  • 適合ルアーウェイト:5~21g(3/16~3/4oz)
  • ロッド長さ:約6フィート3インチ(1.91m)
  • 自重:121g

ジャークベイトなど操作系ルアーが得意な、PCSC-63ML+ レーザーショット。
一日中のジャーキングでの体への負担を軽減した設計で、低弾道で狙ったところへとルアーを送り込みやすいのが強み。
中〜軽量級のトップウォーターも得意で、その他巻物ルアーやライトテキサスなどもカバーできる一本です。

11.「小型ハードルアーが得意」ポイズングロリアス 166L-G C66

  • 想定購入価格:4.7万円前後
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 硬さ:L
  • 適合ルアーウェイト:4~12g
  • ロッド長さ:約6フィート6インチ(1.98m)
  • 自重:90g

小型のハードルアーに適した、166L-G C66。
ルアーのアクションを引き出せるグラスティップが特徴的で、手元に集中できる伝わる振動も◎
クランクベイトやジャークベイト、ミノーやスピナーベイトなど、ハードルアーを広くこなせる一本です。

12.「強いジャークが可能」ロードランナーハードベイトSP HB640ML

  • 想定購入価格:4.8万円前後
  • テーパー:Variable-Mod
  • 硬さ:ML
  • 適合ルアーウェイト:1/4-5/8oz
  • ロッド長さ:約6フィート4インチ(195cm)
  • 自重:171g

適度な強さを備えたティップを採用し、キレのある強いジャークが可能な、HB640ML テクニカルロングキャスト。
軽めのルアーも飛ばしやすいテーパーで、ジャークベイトやクランクベイト、スピナーベイトなど、広くハードルアーに対応できる一本です。

13.「高いキャスト精度、守備範囲」オライオン OCSC-67ML

  • 想定購入価格:7万円前後
  • 硬さ:ML
  • 適合ルアーウェイト:3.5~21g(1/8~3/4oz)
  • ロッド長さ:約6フィート7インチ(2.01m)
  • 自重:106g

2020年秋にエバーグリーンからリリースされるオライオン。
中でもジャークベイトの釣りに対応できるのが、OCSC-67ML デジェル。
高級素材を採用し、トルクを備えた軽量ロッドで、狙ったところへと送りこめる高いキャスト精度が魅力。
ジャークベイト以外には、スモラバ、ライトテキサス、メタルバイブ、シャロークランク他、広くカバーできる一本です。

理想的な一本でジャークベイトならではの釣りを楽しもう

目的のジャークベイトの釣りにぴったりなロッドは見つかりましたか?
今回は、選ぶ上での重要な要素、適したロッドをご紹介しました。
ぜひ理想的な一本を手に、ジャークベイトの釣りの楽しさを体感してみましょう。

  • 2020 08.14
RETURN TOP