フロッグ向けバスロッド!選び方、おすすめロッド17本

最終更新日:

エキサイティングでフロッグならではの楽しさを味わえる、フロッグゲーム。
今回は、ロッドの選び方とおすすめの17本をご紹介します。
フロッグならではのメリットやロッドの必要な要素、スペックからまずは把握してみましょう。

フロッグゲームの楽しさ、メリット

出典:pinterest

PEラインを使ったタフな釣り&スタック回避能力が高いフロッグなので、カバーをタイトに攻めれ、普通の釣りでは攻め込めないような場所を探れるメリットがあります。
また、チョウチン釣りやスキッピングなど、多彩な技でフロッグならではの釣りを楽しめることも。

他には、バイトの瞬間やフロッグに近づいてくるバスの反応を見れることも多く、フロッグならではの楽しさと言えます。

フロッグ向けロッド!必要な要素

フロッグの釣りに使うロッドは、柔軟なティップと粘りのあるロッドが使いやすくなります。

要素1.柔軟なティップ

柔軟なティップを持つロッドの強みは、カバー奥や、ちょうちん釣りなど、狙ったところにフロッグを投入しやすく、スキッピングもしやすいなど、キャスタビリティの高さが強みです。
また、繊細なフロッグの操作がしやすく、フッキングの際にはバスの口に食い込ませる間を作れ、抜けやすいフロッグの釣りにとって重要な要素になります。

要素2.粘り

粘りがあるロッドは、ヒシ藻ごとバスを引き寄せてランディングするようなシーンで、対応しやすくなります。
また、ロッドの粘りによって、オカッパリで多い足場の高い場所や、バスを取り込みにくい茂みなどで、抜き上げやすくなります。

フロッグ向けロッドのスペック

出典:daiwa

ここでは、フロッグ向けのロッドについて一般的な長さや、硬さ、テーパーを把握し、必要なロッドのスペックを考えてみましょう。

長さ

フロッグ向けのロッドは、6フィート前半〜7フィート前後の長さが一般的です。
近距離の込み入ったカバーや、中距離〜遠距離のヒシ藻など、狙う距離を考えて選びましょう。

多彩な技で、テクニカルなフロッグの釣りを楽しむ場合は、ロッドの操作性を考え、6フィート前半〜6フィート後半までのロッドを選ぶと使いやすくなります。
また、オカッパリ向けとしては、遠投することも多くなりやすいので、長めがおすすめです。

硬さ

出典:daiwa

フロッグゲームは、カバーの釣りなどタフな釣りがメインになるため、MH〜Hのロッドが多くなります。

MHロッドは広くルアーに対応できるモデルが多く、フロッグ以外のルアーもこなしたい場合は、MHロッドを基準に探してみましょう。
また、ヘビーカバーや重めのフロッグをメインに使う場合などは、Hロッドを基準に探してみましょう。

テーパー

フロッグ向けのロッドには、フロッグの操作がしやすいファーストテーパーや、ロッドに重みを乗せたキャストや扱いやすい、レギュラーテーパー。
ルアー操作性とキャストのしやすさ両方を備えた、レギュラーファーストのロッドと、広くテーパーのタイプがあります。
また、最新の技術を搭載した特殊なテーパーのロッドもあります。

使うフロッグのウェイトを考えよう!

出典:daiwa

必要なロッドの要素やスペックが把握できたら、下記の代表的なフロッグのウェイトを参考に、使用予定のルアーに対する、必要な適合ルアーウェイトを考えてみましょう。

  • エバーグリーン キッカーフロッグ:13.5g
  • ジャッカル カエラ S2 ビート:14g
  • ジャッカル ガヴァチョフロッグ:18g
  • ダイワ スティーズ フロッグ Jr:12g
  • ダイワ スティーズ フロッグ:16.5g
  • シマノ バンタム Btフロッグ:17g
  • イマカツ ブータフロッグ:12g
  • OSP スピンテールフロッグ:11g
  • OSP ダイビングフロッグ:14g
  • ノリーズ ホショクオン:11g
  • ノリーズ エビガエル:14g
  • デプス スリザーク:3/8oz
  • デプス バスターク:1/2oz
  • イッセイ バグフロッグ:1/2oz
  • イッセイ バグフロッグ ロングテール:1/2oz
  • メガバス ポニーガボット:3/8oz

おすすめのフロッグ向けロッド17本

出典:pinterest

ここからは、フロッグ向けのおすすめロッドを、中価格帯、安くで選ぶロッド、ワンランク上のロッドの3つに分けてご紹介します。
広くルアーをこなせるヘビーバーサタイルモデルや、より凝ったセッティングのフロッグ専用ロッドまで、多数のタイプをピックアップしました。

使用フィールドや理想のスタイルに合ったロッドを探してみましょう。

【中価格帯】フロッグ向けおすすめロッド6本

1.「小技を効かせたフロッグゲームに」20リベリオン 631MHRB

  • 想定購入価格:2.1万円前後
  • 長さ:1.91m(約6フィート3インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:7〜28g(1/4〜1oz)
  • 自重:105g

ダイワのNewシリーズ20リベリオンからは、631MHRBをピックアップ。
取り回しの良い操作性の高い長さで、シリーズならではのシャープで振り抜けの良さが◎
ヘビーカバーでも安心できるスペックで、小技を効かせたフロッグなど、カバー撃ちで力を発揮してくれる一本です。

2.「ヘビーバーサタイル」20リベリオン 662MHRB

  • 想定購入価格:2.1万円前後
  • 長さ:1.98m(約6フィート6インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:7~28g(1/4~1oz)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:107g

同じくダイワの20リベリオンからは、近距離から遠距離をバランスよくこなせる662MHRBをピックアップ。
ヘビーバーサタイルモデルで、手感度やスタックの回避のしやすいセッティングが特徴。
フロッグの釣りはもちろん、カバー撃ちから巻物まで広く対応できる一本です。

3.「スタイリッシュでロングキャストも可能」スコーピオン 1703R-2

  • 想定購入価格:2.9万円前後
  • 長さ:2.13m(約7フィート)
  • 適合ルアーウェイト:10〜40g
  • テーパー:レギュラー
  • 自重:147g

タフで世界基準で使えるモデルの19スコーピオンロッド。
ラインナップの中でもフロッグ向けなのが、1703R-2。
7フィートクラスの長さでロングキャストも可能。また、遠くからカバーの中でもフッキングしやすい長さとバットパワーがあります。

デザインもスタイリッシュで、フロッグの釣りもいっそう楽しくなりそうな一本です。

4.「スモールフロッグも快適」ブラックレーベル LG 631MHFB-FR

  • 想定購入価格:3.1万円前後
  • 長さ:1.91m(約6フィート3インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:7~42g(1/4~1・1/2oz)
  • 自重:111g

ダイワブラックレーベルのフロッグ向けモデルである、LG 631MHFB-FR。
1/4ozクラスのスモールフロッグも快適に使えるスペックで、テンポの早いカバー撃ちがしやすい長さが◎

バットパワーもフロッグゲームに適したパワーで、スピナーベイトやチャターベイトなどのシングルフックの巻く釣りもこなせる一本です。

5.「重たいフロッグも安心」ブラックレーベル SG 7011MHXB-FR

  • 想定購入価格:3.5万円前後
  • 長さ:2.16m(約7フィート1インチ)
  • 適合ルアーウェイト:7~28g(1/4~1oz)
  • 自重:120g

ダイワブラックレーベルのフロッグ専用モデルの中でも、最もヘビーなモデルが、SG7011MHXB-FR。
ソフトなティップと強いベリーからバットパワーが特徴で、フロッグを操作しやすく、力強いフッキングでフックをしっかり貫通させれるフロッグ専用モデルです。

6.「移動距離を抑えたルアー操作」20ポイズンアドレナ 166H

  • 想定購入価格:3.7万円前後
  • 長さ:1.98m(約6フィート6インチ)
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:12~42g
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:105g

フルカーボンモノコックグリップ搭載の、高感度で軽さのある、ジャッカル×シマノ ポイズンアドレナシリーズ。
中でも2020年追加モデルの166H Quick responseは、繊細なルアー操作がしやすいティップや、操作性の高いジグロッド。
移動距離を抑えたルアー操作が得意で、ラバージグやテキサス、フロッグの釣りもこなせる一本です。

【安くで選ぶ】フロッグ向けおすすめロッド5本

出典:purefishing

ここからは、安くで手に入るフロッグ向けロッドをご紹介します。
シマノの最新モデルや、ダイワの1万円以下のヘビーバーサタイルモデル、アブの低価格で手に入るフロッグ専用モデルなど、理想に合った一本を探してみましょう。

1.「低価格で光るダイワ技術」ブレイゾン 691H+B

  • 想定購入価格:1.3万円前後
  • 長さ:2.06m(約6フィート9インチ)
  • 硬さ:H+
  • 適合ルアーウェイト:12~42g(7/16~1・1/2oz)
  • 自重:117g

ダイワバスロッドの中では手頃な価格ながら、強さや粘り、ネジレ抑制などのダイワ技術が光るシリーズ、ブレイゾン。
中でもフロッグ向けのロッドが、691H+B。
取り回しの良さとロングキャストも対応できる絶妙な長さで、フロッグの操作や、ヘビーカバーからバスを引き出せるパワーも特徴の一本です。

2.「広くパワーゲームをカバー」20ゾディアス 172H

  • 想定購入価格:1.6万円前後
  • 長さ:2.18m(約7フィート2インチ)
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:12~42g
  • テーパー:ファースト
  • 自重:127g

高感度なカーボンモノコックグリップを搭載し、さらに磨きが掛かったシマノ2020年モデルのゾディアス。
中でもフロッグの釣りに対応できるのが、172H。
カバー攻略から長さを使った遠投まで対応でき、ラバージグや重量級ハードルアー、スイムベイトなど、パワーゲームを広くカバーできる一本です。

3.「ヘビーバーサタイル」バスX 722HB・Y

想定購入価格:8千円前後
長さ:2.18m(約7フィート2インチ)
硬さ:H
適合ルアーウェイト:11~42g(3/8~1・1/2oz)
自重:141g

ダイワのエントリーモデルで信頼の高いバスXシリーズ。
2019年モデルは、一層ブラッシュアップされておりラインナップが充実しています。

このシリーズの中でフロッグ向けのロッドが、722HB・Y。
約7フィート2インチの長さを利用した遠投も対応でき、遠くからバスをしっかりフッキングしたり、カバー奥からバスを引きずり出すこともしやすいモデル。
また、ヘビーバーサタイルモデルでテキサスリグやジグ、スイムベイト、大型ハードベイトまで広くカバーできるスペックも魅力です。

4.「フロッグ専用モデル」ホーネットスティンガープラス HSPC-631MH

  • 想定購入価格:1.5万円前後
  • 長さ:191cm(6フィート3インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:1/4~1oz
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:138g

初心者から上級者に選ばれている、評価の高いホーネットスティンガープラス。
取り回しの良い長さで、小~大までのフロッグに対応できる、フロッグ専用モデル。
近距離から中距離のカバーなど、狙ったところにキャストしやすい設計で、繊細なフロッグ操作が可能なティップと、ヘビーカバーのフロッグも安心できるバットパワーを備えた一本です。

5.「信頼のエントリーモデル」バスビート3 BBC-702H+ III

  • 想定購入価格:1万円前後
  • 長さ:213cm(7フィート)
  • 硬さ:H+
  • 適合ルアーウェイト:10~56g(3/8~2oz)
  • テーパー:ファースト
  • 自重:147g

アブのバスロッドの中でも信頼の厚いエントリーモデルのバスビート。
このシリーズの2019年モデルがバスビート3です。
フロッグ向けはBBC-702H+ IIIで、フロッグだけでなく羽物ルアーやスイムベイト、ビッグベイトにも使用可能。

長さは7フィートクラスで、遠距離でのフロッグにも対応でき、遠くからもフッキングが決まりやすいモデル。
1本で数種類の釣りをカバーしたい方にもおすすめのエントリーモデルです。

【ワンランク上の】フロッグ向けおすすめロッド6本

ここからは、より理想的なフロッグゲームができる、ワンランク上のロッドをご紹介します。
ダイワ、シマノ、メガバス、ノリーズ、エバーグリーン、ツララと広くメーカーよりピックアップしました。

1.「フロッグゲームバーサタイル」ヴァルキリーVKC-71H

  • 想定購入価格:4.4万円前後
  • 長さ:7フィート1インチ
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:3/8〜2oz
  • テーパー:ミディアムファースト
  • 自重:183g

メガバスからは、モンスターハンティングシリーズの、ヴァルキリーVKC-71Hをピックアップ。
ヘビーカバーでのトルクを活かしたランディングや、ロッドアクションでカバーの際でのトゥイッチもしやすい設計のフロッグゲームバーサタイルロッド。
3/8〜2ozまでフロッグを広く扱え、アンブレラリグなどにも適した一本です。

2.「ヘビーバーサタイル」フェイズ PCSC-72H ディッガー

  • 想定購入価格:4.9万円前後
  • 長さ:2.18m(約7フィート2インチ)
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:10.5~84g(3/8~3oz)
  • 自重:165g

エバーグリーン フェイズからは2019年モデル、ヘビーバーサタイルモデルのPCSC-72Hディッガーをピックアップ。
適度な張りのティップでストラクチャーをかわしやすく、柔軟なベリーとパワーのあるバットで、MHロッドのような扱いやすさが特徴。
ルアーの重みを乗せてのロングキャストはもちろん、カバー撃ちなどで精度の高いキャストもしやすいモデル。
フロッグ、スイムジグなどの巻物、テキサスリグ、その他ビッグベイトまで広くカバーできる万能ロッドです。

3.「フロッグを極めるコラボロッド」アルデア69

  • 想定購入価格:4.9万円前後
  • 長さ:6フィート9インチ
  • 硬さ:H-
  • キャストウェイト:42g

アルデア69は、魅力的なパワーロッドが多く揃うTULALAと、ユニークなフロッグがリリースされているHAMAZUとのコラボモデル。
2019年にリリースされたモデルで、フロッグを極めるためのロッド。

遠投性能やフッキング性能、操作性やヘビーカバーなどフロッグならではのタフな釣りに対応できるパワーを備えたロッド。
凝ったディテールのデザインも楽しめる一本です。

4.「精度の高いカバー撃ち」ロードランナーヴォイス LTT630MH

  • 想定購入価格:5万円前後
  • 長さ:192cm(約6フィート3インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:1/4~3/4oz
  • テーパー:EX-Fast
  • 自重:173g

ノリーズからは、テクニカルな攻めの釣りが可能なシリーズ、ロードランナーヴォイスをピックアップ。
中でもLTT630MHは、高い精度でピッチングを続けれる設計で、小さめのフロッグもキャストが決まりやすく、フロッグのカバー撃ちに理想的なモデル。
強いフッキングが可能な反発のあるベリーからバットで、リグ系やラバージグの釣りにも重宝する一本です。

5.「大遠投&繊細なフロッグ操作」ハートランドAGS 7102HRB-AGS15

  • 想定購入価格:6.5万円前後
  • 長さ:2.39m(約7フィート10インチ)
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:11〜28g(3/8〜1oz)
  • 自重:170g

ダイワのバスロッドの中でも、上位モデルに位置するハートランドAGS。
洗練された岸釣り向けロッドが多く揃うシリーズで、中でもフロッグに対応できるモデルが、7102HRB-AGS15(フォールトラップテクニカルシャフト)。

8フィートに迫る長さのロングロッドで、ESS、AGSなど、ダイワの上位モデルならではの技術を搭載し、高い遠投性能や高感度が魅力のモデル。
細かなアクションが得意で、フロッグの繊細な操作やシミーフォール設計のバイブレーションやメタルバイブのリフト&フォール。
大遠投でのヘビキャロなどで活躍してくれる一本です。

6.「軽さ、パワー、強度」20ポイズンアルティマ 172H

  • 想定購入価格:8.5万円前後
  • 長さ:2.18m(約7フィート2インチ)
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:12~42g
  • テーパー:ファースト
  • 自重:120g

ジャッカル×シマノのポイズンシリーズの中で、最上位モデルに位置する、ポイズンアルティマ。
中でも、2020年追加モデルである172Hは、上質素材だけを組み合わせてセッティングされた、軽さ、パワー、強度を兼ね備える洗練ロッド。
フロッグやラバージグ、リグ系、巻物と広く対応できるバーサタイル性も特徴で、カバーでのランディングも安心のパワーが◎
また、ウィードの種類やボトムの変化を捉えやすい感度も強みの一本です。

フィールド、スタイルに合ったフロッグロッドを!

理想的なロッドは見つかりましたか?
今回は、フロッグ向けのロッドの選び方、おすすめロッドを3つの価格別にご紹介しました。

普段のフィールドやスタイルに合ったロッドを選ぶことで、よりフロッグゲームを楽しめると思います。

関連記事

  • 2019 02.14
RETURN TOP