フリーリグタックル!選び方とベイトロッド15選&リール7選

最終更新日:

近年流行中のフリーリグ。ワームの緩急や、素早くフォールさせれてノーシンカー状態での誘いもできるなど、複数アクションで誘えるフリーリグ。
今回は、そんな人気のフリーリグに適したタックルと、フリーリグ向けベイトロッド&リールをご紹介します。

フリーリグ向けのベイトロッドの特徴

出典:daiwa

フリーリグ向けのベイトロッドの特徴をまとめると、下記のようになります。
それぞれ具体的に見ていきましょう。

  • リグ向けの操作性の高いロッド
  • 感度の高いロッド
  • 6フィート6インチ前後〜7フィート前半
  • ロッドの硬さはM、MH

リグ向けの操作性の高いロッド

リフト&フリーフォール、数秒ステイ、シェイクなど、こういったアクションが必要になる釣りなので、リフトやシェイクがしやすいリグ向けのロッドが使いやすくなります。

感度の高いロッド

出典:shimano

フリーリグの釣りでは、ボトムやストラクチャーをより把握できる感度の高いロッドを使うことで、より精度の高い釣りができます。
また、やる気のないバスのショートバイトも把握しやすくなります。

ロッドの長さ

近距離がメインになるのか?遠投しての使用がメインになるのか?で、6フィート6インチ前後から7フィートクラスの長さがおすすめです。
ウィードを縦に釣っていく場合など、ルアーの移動距離を抑えたい場合や、ウィードに潜ろうとするバスを、早めに浮かせるといったやりとりが必要な場合は、長めのロッドを選ぶと安心です。

ロッドの硬さ:M、MH

ロッドの硬さはM、MHが一般的で、使用するルアーウェイトを考えながら選びましょう。

フリーリグ向けのベイトリールの特徴

出典:shimano

フリーリグ向けのベイトリールの特徴としては、下記があります。
具体的に把握してみましょう。

  • ギア比はハイギア
  • 操作性の高いリール

ギア比はハイギア

フリーリグ向けのベイトリールは、ハイギアがおすすめで、ラインスラッグの回収が早く行えたり、バイトチャンスの少ないエリアをとばしてルアーを直ぐに回収することができます。

操作性の高いリール

出典:purefishing

リフト&フォールや繊細なルアー操作が必要になってくる釣りなので、パーミングしやすい形状など、操作性が高いと使いやすくなります。

その他

ボトムやストラクチャーを把握しやすい感度もあればより理想的です。
また、使用するルアーウェイトによっては、ベイトフィネス機種を選択するのも有効です。

フリーリグ向け!ベイトロッド15本

出典:YouTube/SHIMANO TV

ここからはフリーリグ向けのベイトロッドを15本ご紹介します。
低〜中価格帯とワンランク上のベイトロッドより、イメージや好みにあった一本を探してみましょう。

【低〜中価格帯】フリーリグ向けベイトロッド6本

1.「高感度&Newモデル」20ゾディアス 167M-S

  • 想定購入価格:約1.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:4~15g
  • 長さ:2.01m(約6フィート7インチ)
  • 硬さ:M
  • 自重:97g

シマノの中でも手に入りやすい価格帯で人気のシリーズ、ゾディアス。
2020年モデルのゾディアス 167M-Sは、カーボンモノコックグリップ搭載やソリッドティップで、ボトムやストラクチャーを感知しやすいモデル。
フリーリグやノーシンカー、ライトテキサスなどを中心にリグ系が得意な一本です。

2.「おかっぱりに嬉しい」ホーネットスティンガープラス HSPC-6111M MGS

  • 想定購入価格:約1.4万円前後
  • 適合ルアーウェイト:3/16〜3/4oz
  • 長さ:2.11m(6フィート11インチ)
  • 硬さ:M
  • 自重:122g

コスパの高さや評価の高いアブ ホーネットスティンガープラスからは、HSPC-6111M MGSをピックアップ。
おかっぱりに嬉しい遠投性能を備えたバーサタイルモデルで、巻物ルアーからテキサスリグなどのリグ系もこなせるモデルで、ファーストテーパーならではのルアー操作性や、感度も特徴の一本です。

3.「消波ブロックなどの釣りに」20リベリオン 6101MRB

  • 想定購入価格:約2万円前後
  • 適合ルアーウェイト:5〜21g(3/16〜3/4oz)
  • 長さ:2.08m(約6フィート10インチ)
  • 硬さ:M
  • 自重:112g

ダイワの2020年Newシリーズリベリオンからは、6101MRBをピックアップ。
キャスト性能の高いシリーズで、フリーリグなどのリグ系やラバージグなど、消波ブロックを中心としたカバーでの釣りで使いやすいモデル。
遠投にも適した長さで、巻き物にも対応しやすいバーサタイル性も特徴の一本です。

4.「精度の高いリグの釣りに」ブラックレーベル SG682MHXB-ST

  • 想定購入価格:3.3万円前後
  • 長さ:2.03m(約6フィート8インチ)
  • 適合ルアーウェイト:7~28g(1/4~1oz)
  • 自重:115g

ダイワのブラックレーベルからは、2020年追加モデルであるSG 682MHXB-STをピックアップ。
硬いソリッドティップでウィードなどのストラクチャーを把握しやすく、タイトなトレースもしやすいセッティング。
また、カバーでのランディングも安心の、リフトパワーのあるバットも◎
近距離から遠距離を狙ったリグ系が得意な一本です。

5.「ライトリグでのフリップに」ファンタジスタレジスタ FNC-71M

  • 想定購入価格:約3.5万円前後
  • 推奨ルアー:1/8~3/8oz
  • 長さ:2.16m(7フィート1インチ)
  • 硬さ:M
  • 自重:108g

アブガルシアからは、ファンタジスタレジスタ FNC-71Mをピックアップ。
ライトリグを使ったフリップでのカバー攻略を想定したモデルで、繊細なルアー操作や高感度によりフォール中のアタリや水中を把握しやすいモデル。
アブならではの強度や感度、軽さが特徴のTAF製法採用も、嬉しい一本です。

6.「高感度なバーサタイルモデル」ファンタジスタ ヤバイ FNC-69MH

  • 想定購入価格:3.8万円前後
  • 適合ルアーウェイト:3/8~2oz
  • 長さ:2.06m(6フィート9インチ)
  • 硬さ:MH
  • 自重:106g

アブガルシアの技術が光るシリーズNew Fantasista YABAI。
中でもFNC-69MHは、幅広くルアーやフィールドに高次元で対応できる、バーサタイルモデル。
TAF製法採用で軽量で扱いやすく、カバーの釣りでも安心のパワーや、フリーリグにも嬉しい高感度が特徴の一本です。

【ワンランク上の】フリーリグ向けベイトロッド9本

ここからは、約4万円以上のワンランク上のモデルをピックアップ。
デプスのボトムの釣りが得意なロッドや、究極の感度を求めたポイズンシリーズのロッド、洗練ロッドが揃うロードランナーのロッドなど、チェックしてみましょう!

1.「高い操作性&感度」ゲインエレメント GE-68MHR

  • 想定購入価格:4.3万円前後
  • 適合ルアーウェイト:3/16~1oz
  • 長さ:6フィート8インチ
  • 硬さ:MH

デプスからは、カバーなど狙ったところにルアーを送り込みやすく、繊細なルアー操作性も高い、ゲインエレメント GE-68MHR カバーゲームエレメントをピックアップ。
スピーディな展開も可能な取り回しの良い長さで、ボトムや岩など、変化を捉えやすい感度も◎
ラバージグが得意なモデルで、フリーリグなどボトムやカバーの釣りで重宝する一本です。

2.「感度を備えたバーサタイルロッド」フェイズ PCSC-67MH テンペスト

  • 想定購入価格:4.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:7~28g(1/4~1oz)
  • 長さ:2.01m(約6フィート7インチ)
  • 硬さ:MH
  • 自重:142g

巻物と撃ち物に広く使えるバーサタイル性の高いロッド、エバーグリーンフェイズ PCSC-67MHテンペスト。
振り抜けの良さや遠投性能、ルアー操作性やボトムやストラクチャーを把握できる感度など、バランスよく備わったモデル。
フリーリグなどのリグ系から重量級巻物まで、広く精度の高い釣りが可能な一本です。

3.「MHワーミングロッド」ポイズングロリアス 169MH-S

  • 想定購入価格:約5.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:5~21g
  • 長さ:2.06m(約6フィート9インチ)
  • 硬さ:MH
  • 自重:105g

ジャッカルとシマノ共同開発のポイズンシリーズでは初となる、ソリッドティップを採用した、MHワーミングロッド。
フリーリグなどリグ系の釣りやジグの釣りが得意で、繊細なルアーアクションでスレバスを誘える強みが◎
また、高いフッキング性能やカバーからバスを引き出すパワーも備えた、洗練された一本です。

4.「繊細さと感度が◎」スティーズ 661MFB-SV

  • 想定購入価格:約5.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:1/8〜3/4oz
  • 長さ:1.98m(約6フィート6インチ)
  • 硬さ:M
  • 自重:95g

ダイワ上位モデルの代表的な、スティーズ。中でもリグ系の釣りを極める事ができる、661MFB-SV ウェアウルフをピックアップ。
繊細さと感度が特徴的なモデルで、ボトム探知や水中の把握によって、より喰わせのタイミングを作り易い感度が◎
活性の低いコンディションでもバスに口を使わせやすく、フリーリグやヘビダン、ライトテキサス、スモラバなど、カバーでの繊細な釣りに頼もしい一本です。

5.「太いライン&軽いリグに」ロードランナーストラクチャーNXS STN720MH

  • 想定購入価格:5.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:3/16〜5/8oz
  • 長さ:219cm(7フィート2インチ)
  • 硬さ:MH
  • 自重:120g

評価の高いノリーズ ロードランナーからは、ストラクチャーNXS STN720MHをピックアップ。
ウィードや消波ブロックなど、太いラインが必要なシーンでのライトリグを想定したモデル。
繊細なルアー操作やバイトを感知しやすいセッティングで、長さを活かしたロングキャストも◎
ロングロッドでありながら、操作性も考えられた一本です。

6.「やる気のないカバーのバスに」ファクト HFAC-70HST

  • 想定購入価格:6万円前後
  • 適合ルアーウェイト:7~28g(1/4~1oz)
  • 長さ:2.13m(約7フィート)
  • 硬さ:H
  • 自重:134g

ソリッドティップを採用した異色のヘビーロッド、エバーグリーンヘラクレス ファクトHFAC-70HST。
ヘビーロッドならではのカバーからバスを引き剥がすパワーはもちろん、カバーで一般的なロッドでは気付かないような、やる気のないバスのバイトも感知しやすい強みを持つモデル。
また、対スレバスに有効な、繊細なルアー操作ができるソリッドティップならではの強みも嬉しい一本です。

7.「究極の感度」ポイズン アルティマ 170MH

  • 想定購入価格:約7.6万円前後
  • 適合ルアーウェイト:10〜30g
  • 長さ:2.13m(約7フィート)
  • 硬さ:MH
  • 自重:112g

ボトムの質や変化、ウィードの種類までもを把握できる高感度に拘った設計の、シマノ ポイズンアルティマ 170MH。
リグ系やジグの釣りに特化したモデルで、ロングキャストも得意。
また、カバーからバスを引き出すパワーや、操作性の高い軽さも特徴の一本です。

8.「精度の高いリグの釣りに」スティーズレーシングデザイン661MXB-ST

  • 想定購入価格:8.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:5〜21g(3/16〜3/4oz)
  • 長さ:1.98m(約6フィート6インチ)
  • 自重:未定

ダイワのバスロッドの中でも、最高峰に位置するシリーズ、スティーズ レーシングデザイン。
中でもRD661MXB-STは、フリーリグにも適したリグ系が得意な2020年追加モデル。
フォール中の動きやボトムやストラクチャーなどを感知しやすい、上位モデルならではのダイワ技術を施した軽量ブランクや、ソリッドティップが強み。
リグ系の釣りを、より精度高く行う場合に検討したい一本です。

9.「重めのリグ系までを極める」スティーズレーシングデザイン 701MH/HXB-ST

想定購入価格:8.7万円前後
適合ルアーウェイト:7〜42g(1/4〜1・1/2oz)
長さ:2.13m(約7フィート)
自重:103g

同じくスティーズレーシングデザインからは、1/4〜1・1/2ozまで対応できる、2020年追加モデル、RD701MH/HXB-STをピックアップ。
上位モデルならではの技術を施した特殊な軽量ブランクやソリッドティップで、ラインの重みやボトムの変化を捉えれる感度や、半スタック状態からのリアクションバイトを誘う繊細な操作など、重めのリグ系までを精度高くこなせる一本です。

フリーリグの釣り!おすすめベイトリール7機

出典:daiwa

ここからは、フリーリグの釣りにおすすめのベイトリールを、低価格モデルから高価格モデルまで、比較的新しいモデルより7機種ご紹介します。
ギア比や操作性、飛距離など、イメージに合った要素を備えた機種を探してみましょう。

1.「軽量ルアーへの対応力アップ」20タトゥーラ SV TW

  • 想定購入価格:1.9万円前後
  • ギア比:6.3、7.1、8.1

ダイワの手頃な価格で信頼の厚いシリーズからは、2020年モデル タトゥーラSVTWをピックアップ。
軽量ルアーへの対応力がアップし、ビッグベイトまでをカバーできるバーサタイル性が特徴。
17モデルよりもコンパクトになり、操作性も魅力の逸品です。

2.「低価格でDC搭載」SLX DC

  • 想定購入価格:2.1万円前後
  • ギア比:6.3、7.2、8.2

低価格ながら、シマノならではのDCを搭載した、20SLX DC。
遠投性能の高さが魅力で、シンプルな4段階のダイヤル設定も◎
軽量ルアーからビッグベイトまでカバーできるバーサタイル性も特徴の機種です。

3.「コンパクト&タフ」19アルファス CT SV

  • 想定購入価格:約2.7万円前後
  • ギア比:6.3、7.2

2019年登場のCT(コンパクト&タフ)採用、ダイワ アルファス CT SV。
操作性の高さや170gの軽さが、操作の必要なリグの釣りでは特に嬉しいスペック。
軽量リグから重量級ルアーまでを広くカバーできる魅力も◎

4.「効率的な釣りが可能」ジリオン10.0

  • 想定購入価格:3.7万円前後
  • ギア比:10.0

2020年モデルで超ハイギアが特徴的な、ダイワ ジリオン10.0。
カバーを狙ったスピーディーな展開でのフリーリグの釣りや、遠くのポイントを狙う釣りで、見切りをつけての即ルアー回収などで特に重宝する機種です。
ブレない巻きが可能な剛性面も安心。

5.「スーパーシャロースプール付属」レボ ディーズ8

  • 想定購入価格:3.9万円前後
  • ギア比:8.0

青木大介プロデュースモデルの2020アブ レボ ディーズ8。
スーパーシャロースプールと標準スプールが付属したモデルで、二つを付け替える事で、ベイトフィネスからビッグベイトまでを一台でこなせるのが最大の特徴。
137gの超軽量ボディで、操作性の高さも魅力です。

6.「近距離&軽めのルアーも得意」19アンタレス

  • 想定購入価格:約4.5万円前後
  • ギア比:6.2、7.4

2019年モデルのシマノ アンタレスは、飛距離のブラッシュアップはもちろん、軽めのルアーの操作性や近距離戦での使いやすさが向上しているのが特徴。
バーサタイル性が向上し、近距離〜遠投と精度の高い釣りに広く対応させたい場合におすすめの逸品です。

7.「太目の糸を使ったカバーの釣りに」スティーズCT SV TW

  • 想定購入価格:5.5万円前後
  • ギア比:6.3、7.1、8.1

直径30ミリの小口径スプール搭載で、5g以下のフィネスの釣りもカバーできる、ダイワ19スティーズCTSVTW。
PEラインを使うようなタフな釣りもカバーできる剛性で、コンパクトで操作性が高く、少し太い糸を使ったカバーでのリグの釣りなど、フリーリグの釣りでも力を発揮してくれそうです。

理想のタックルで釣れるフリーリグをマスターしよう!

今回は、流行りのフリーリグ向けのタックルについて、選び方や適したタックルをご紹介しました。

フリーリグを攻略しやすい理想の1セットを見つけて是非、釣れるフリーリグを自分の得意な釣りにしましょう!

  • 2019 09.22
RETURN TOP