琵琶湖オカッパリ向けベイトロッド!選び方と理想の11本

最終更新日:

琵琶湖オカッパリ向けベイトロッドをテーマに、選び方と理想的な11本をご紹介します。ある程度の強さが必要な琵琶湖向けロッドですが、1本で広くカバーできるバーサタイルモデルや、ヘビーバーサタイル、琵琶湖ならではの釣りに特化したロッドなど、理想のロッドを考えてみましょう。

琵琶湖オカッパリ向けベイトロッドの選び方!

使用シーンを考えロッドの長さを決めよう

遠投メインの釣り(ウェーディング含む)

遠投がメインとなるウェーディングも含めたオカッパリの場合は、7フィート〜8フィートのロッドがおすすめです。
ロングロッドであれば、遠投はもちろん、遠くからのルアー操作とフッキングもしやすくなります。
また、取り込みにくいカバーが多いポイントでも、長さがあるとランディングしやすくなります。

近距離での釣りがメイン

カバーを狙った近距離の釣りがメインの場合は、6フィート6インチ以下のロッドがおすすめです。
取り回しがよく近距離での扱いがしやすくなり、中距離までを狙った釣りに最適です。

近距離から遠距離をバランス良く

近距離から遠距離をバランスよく対応できるロッドがいい場合は、6フィート後半から7フィートクラスがおすすめです。

ロッドの硬さを考えよう

出典:daiwa

ロッドの硬さは、一般的なフィールドでの釣りと同じように、使用するルアーウェイトやカバーでの使用が多いかどうか?などを考え選びましょう。

ただし、琵琶湖でのオカッパリという事なので、50cmアップのデカバスも想定したスペックが安心です。
また、カバーやヘビーカバーの釣りも多くなるため、M(ミディアム)以上の強めのロッドが理想的で、琵琶湖で出番の多いルアーを広く使いたい場合は、MH(ミディアムヘビー)のヘビーバーサタイルロッドを目安に探すのがおすすめです。

琵琶湖オカッパリ向けベイトロッド!理想の11本

出典:daiwa

ここからは、琵琶湖オカッパリ向けの理想的なベイトロッドをご紹介していきます。
低価格帯で手の届きやすいベイトロッドを4本。中価格帯〜本格的な高価格帯のロッドからは、7本ピックアップしました。

中には琵琶湖ならではの釣りに特化したモデルもあります。
特徴を見ながらイメージにあったロッドを探してみましょう!

『低価格帯』琵琶湖オカッパリ向け!理想の4本

1.「シャープな振り抜け&バランス良」リベリオン 6101MHRB

  • 想定購入価格:2.1万円前後
  • ロッド長さ:2.08m(約6フィート10インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:7〜28g(1/4〜1oz)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:113g

2020年のダイワNewシリーズ、リベリオン。シャープな振り抜けでキャスト精度の高さや、デザイン性の高さが際立つシリーズ。

中でも、琵琶湖オカッパリ向けとして理想的なのが、6101MHRB。
琵琶湖のウィードの釣りなどで出番の多いライトテキサスから、オカッパリでも琵琶湖では可能性の高いビッグベイトの釣りまで対応できる、ヘビーバーサタイルモデル。
近距離から遠距離にバランス良く対応できる長さで、レギュラーファーストのテーパーが、リグ系から巻物までバランス良く対応できる一本です。

2.「中〜遠距離、パワーバーサタイル」20ゾディアス 172MH

  • 想定購入価格:1.7万円前後
  • ロッド長さ:2.18m(約7フィート2インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:10~30g
  • テーパー:ファースト
  • 自重:122g

2020年にモデルチェンジしたゾディアス。上位モデルに採用されていたカーボンモノコックグリップを採用したのが最大の魅力。
これにより、より水中の情報を手元で把握しやすくなっています。

シリーズの中でも172MHは、琵琶湖にぴったりな長めのパワーバーサタイルモデル。
ロングキャストして、遠くからでもカーボンモノコックグリップやファーストテーパーを活かした、ルアーの動きや小さなアタリを捉えやすくなっています。
また、遠くからルアー操作もしやすいテーパーや長さの強みも◎

低価格ながら、1本で琵琶湖のオカッパリを広くカバーでき、中距離〜遠距離の釣りで特に活躍してくれます。

3.「入門向け&高評価」バスビート3 BBC-682M III

  • 想定購入価格:1万円前後
  • ロッド長さ:203cm(6フィート8インチ)
  • 硬さ:M
  • 適合ルアーウェイト:5~21g(3/16~3/4oz)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:125g

2019年に登場したバスビートシリーズのNewモデル、バスビート3。
アブガルシアのバスロッドの中では入門向けのシリーズで、高い評価の信頼の厚いシリーズ。
中でも琵琶湖オカッパリ向けとしておすすめなのが、BBC-682M III。

6フィート8インチの長さで、遠投も可能なモデル。ルアーの重みを乗せたキャストもしやすいレギュラーファーストテーパーで、リグなどの撃つ釣りと、クランクやスピナーベイトなどの巻く釣りをバランス良く広くカバーできるモデルです。

4.「独特のテーパー」エアエッジ 661M/MLB・E

  • 想定購入価格:2.1万円前後
  • ロッド長さ:1.98m(約6フィート6インチ)
  • 硬さ:M/ML
  • 適合ルアーウェイト:5~18g(3/16~5/8oz)
  • 自重:107g

低価格ながらダイワ技術が光るコスパの高いシリーズ、エアエッジ。
中でも、近距離とロングキャストの釣りを両立したい場合に理想的な、661M/MLB・Eをピックアップ。

ダイワ特有のマルチテーパーで、ティップはM、バットはMLで、5gクラスのベイトフィネスから、ヘビーダウンショット、ライトテキサス、クランクやスピナーベイトの巻物も一本でこなせるモデル。

Mアクションのティップにより、琵琶湖に多いヘビーカバーでも、うまくスタックをかわせる強みも特徴です。

『中〜高価格帯』琵琶湖オカッパリ向け!理想の7本

1.「琵琶湖ならではの釣りに」ブラックレーベル SG742HFB

  • 想定購入価格:3.3万円前後
  • ロッド長さ:2.24m(約7フィート4インチ)
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:11~42g(3/8~1・1/2oz)
  • テーパー:ファースト
  • 自重:144g

ダイワの代表的なシリーズでもあるブラックレーベルからは、SG742HFBをピックアップ。
2020年に追加されたNewモデルで、大規模フィールドを想定したパワーバーサタイルモデル。
オカッパリに嬉しい長さを利用した遠投、遠くからのルアー操作、長さやバットパワーを活かしたフッキングが強みのモデル。

また、ウィードの釣りで出番の多いスイムジグや、琵琶湖ならではのヘビキャロなどに嬉しい高感度モデルで、ビッグベイトにも対応できる守備範囲の広さが◎
琵琶湖ならではの釣りが楽しめる一本です。

2.「操作性&バーサタイル性」バスバム YBBC-65MH

  • 想定購入価格:3万円前後
  • ロッド長さ:196cm(6フィート5インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:10〜56g(3/8oz〜2oz)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:106g

2019年にリリースされたアブのオカッパリ専用シリーズ、バスバム。
中でも琵琶湖のオカッパリ向けなのが、YBBC-65MH。

操作性の高い6フィート5インチの長さで、アブならではのTAF製法を採用したカーボン100%の高感度ロッドで、安心できる強度が◎
また、バットまできれいに曲がるセッティングの為、ルアーの守備範囲が広く、ノーシンカーの釣りからビッグベイトまでを一本でこなせ、近距離〜中距離を狙った釣りに最適な一本です。

3.「規格外のバーサタイル性」ハートランド 6101H/XHFB-RR17

  • 想定購入価格:5万円前後
  • ロッド長さ:2.08m(約6フィート10インチ)
  • 硬さ:H/XH
  • 適合ルアーウェイト:7-112g(1/4-4oz)
  • テーパー:ファースト
  • 自重:142g

琵琶湖のオカッパリロッドの理想的なロッドとしてよく選ばれる、ダイワのハートランド。
中でもバーサタイル性がとても高いモデル、6101H/XHFB-RR17をピックアップ。
20周年記念に製作されたRod&Reelコラボモデルで、読者要望のあったバーサタイル性や投げやすさ、スタックのしにくさを再現した一本。

琵琶湖のオカッパリには理想的な、4ozのビッグベイトまでをこなせるモデルで、最小ウェイトは1/4ozまで対応できる広い守備範囲が特徴。
遠投性能もある6フィート10インチクラスの長さで、一本であらゆるルアーをこなせる秀逸ロッドです。

4.「フィネスもカバー」ディーズ バンク FDNC-66M-SF

  • 想定購入価格:4.2万円前後
  • ロッド長さ:1.98m(6フィート6インチ)
  • 硬さ:M
  • 適合ルアーウェイト:Max14g
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:105g

アブガルシアからは青木大介プロの、確実に釣るためのオカッパリロッドである、ディーズバンクFDNC-66M-SFをピックアップ。
プレッシャーの高いポイントで必要になってくるベイトフィネスから、スピナーベイトやクランク、トップなどの釣りに対応できるモデル。
レギュラーファーストテーパーで、撃つ釣りから巻物をバランス良くこなせ、軽くて強度も安心の一本です。

5.「ナナマルも想定」ポイズングロリアス 174MH

  • 想定購入価格:5.3万円前後
  • ロッド長さ:2.24m(約7フィート4インチ)
  • 硬さ:MH
  • 適合ルアーウェイト:10~30g
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:117g

シマノ×ジャッカルのポイズングロリアスからは、70cmクラスのモンスター級バスも想定したモデル、174MHをピックアップ。
モンスタークラスをランディングしやすい長さのあるモデルで、広範囲を探れるサーチベイトのロングキャストはもちろん、テキサスリグやキャロライナリグをロングキャストして、遠くからでもルアーを縦に動かしやすいモデル。

強くて長いロッドでありながら、自重117gとありがたい軽量ロッドで、本格的に琵琶湖オカッパリで、モンスタークラスを狙う場合に検討したいモデルです。

6.「浜での大遠投に」ハートランド 7102HRB-AGS15

  • 想定購入価格:6.5万円前後
  • ロッド長さ:2.39m(約7フィート10インチ)
  • 硬さ:H
  • 適合ルアーウェイト:11〜28g(3/8〜1oz)
  • 自重:170g

ダイワのバスロッドの中でも、最上位クラスに入るハートランドAGSシリーズ。
琵琶湖のオカッパリと言えば、まず思い浮かぶ人物である村上さんが手掛けるシリーズ。

その中でも7102HRB-AGS15は、バイブレーションのロングキャストを想定して設計したモデルで、飛距離と感度をESS、AGSといった最先端ダイワ技術で強化。

リフト&フォールを中心としたメタルバイブを含むバイブレーション操作が得意。
また、ロングリーダー使用のヘビキャロもこなせる一本です。

7.「三叉式ヘビキャロに」ソレノグリフ HGC-76XRF[T]/GP

  • 想定購入価格:5.5万円前後
  • ロッド長さ:7フィート6インチ
  • 硬さ:XH
  • 適合ルアーウェイト:1/2~1・3/4oz
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 自重:約191g

デプスからは、琵琶湖の三叉式ヘビキャロ専用のロッド、ソレノグリフ HGC-76XRF[T]/GPをピックアップ。
実際に琵琶湖でウェーディングをする人達の意見を取り入れながら試行錯誤を重ねて完成したモデルで、ウィードを遠くからうまくほぐす繊細さ、フッキングもきめ易いロッドセッティング。
他にも工夫が施されたロッドで、持ち運ぶ際に少しでも短くできるように伸縮が可能。

また、スピナーベイトやラバージグ、テキサスリグといった釣りもカバーでき、本格的に、琵琶湖のウェーディングも含むオカッパリを極めるなら検討したいモデルです。

琵琶湖ならではのバス釣りを楽しもう!

琵琶湖オカッパリにぴったりなロッドは見つかりましたか?
琵琶湖のオカッパリ向けのベイトロッド選び方と、出番の多い理想的な11本をご紹介しました。

アベレージサイズが大きく、ウィードなどのカバーも多い琵琶湖ですが、強めのロッドでスタイルにマッチしたロッドを使えば、琵琶湖ならではのエキサイティングなバス釣りを、より楽しめると思います。

関連記事

  • 2018 12.06
RETURN TOP