琵琶湖ボート向けバスロッド!19モデルの釣り別おすすめ10本

最終更新日:

今回は、琵琶湖のボートでのバス釣りで、出番の多いおすすめロッドを19モデルからピックアップします。
琵琶湖でのボート釣りをされる方は、「出番が多そうなロッドがあるか?」「グッとくるモデルがあるか?」チェックしてみましょう♪

その1.テキサスリグの釣り

View this post on Instagram

kyhmさん(@kyhm35)がシェアした投稿


スティック系ワームのテキサスリグ、カーリーテールのテキサスリグ、その他たくさんのテキサスリグ向けのワームがありますが、ウィードがたくさんある琵琶湖の釣りではテキサスリグが大活躍する場面が多いです。
特に、夏頃!
バスボートでたくさんの人が、「なんか似たような動きしてるなー」と思って見ていると、高い確率でテキサスリグ系の釣りをしています(笑)それくらい琵琶湖ボート釣りで、見ることの多い釣り方です。

【琵琶湖ボート釣り】テキサスリグ向けロッド!2本

1.シマノ バンタム センターカット2ピース 170MH-2

出典:shimano

購入想定価格:3.6万円前後

シマノの人気シリーズ、バンタムのセンターカット2ピースモデル。
レンタルボートなどの小型ボートでは特に重宝する2ピースロッド。
中でも170MH-2は、ファストテーパー。高感度で繊細ティップなので、リグの操作系が得意です。

ロッドの長さは7フィートクラスと、背の高いウィードを縦に探るようなテキサスリグの釣りも使いやすい長さです♪
適合ルアーウェイトは、10~30gに対応。

2.ダイワ ブラックレーベル SG 701MHXB

出典:daiwa

※画像はSG 6102M+RB

購入想定価格:3.2万円前後

ダイワの信頼の代表的モデル、ブラックレーベルシリーズ。
このシリーズの19モデルの中で、テキサスリグ向けなのがSG701MHXB。
7フィートクラスの長さを使った遠投性能と、感度が高くウィードやボトムの変化も把握しやすいモデル。
また、スタックをかわしながらタイトに攻めやすい設計で、テキサス・ヘビキャロスペシャリティーモデルとなっています。

適合ルアーウェイトは、7~28gに対応。

その2.ビッグベイトの釣り


モンスタークラスが多く潜む琵琶湖。もちろんワールドレコード級もまだどこかにいるかも?な夢のある琵琶湖。
このフィールドでのボート釣りで出番が多くなるのが、ビッグベイト。

そのままオープンのところに投げるだけでなく、ウィードなどを上手く使ってブルーギルに見せた使い方や、その他のベイトフィッシュに見せかけて食わせるといった使い方など、一見釣れそうにないビッグベイトもあっさりデカイのが釣れるパターンが複数存在します。
ボート釣りに限らず、琵琶湖で釣りすることがあるなら、ワンタックルは持っておきたいのが、ビッグベイト対応タックルです。

【琵琶湖ボート釣り】ビッグベイト向けロッド!2本

1.エバーグリーンフェイズ PCSC-72H ディッガー

出典:evergreen

購入想定価格:4.6万円前後

19年コンバットスティックフェイズ追加モデルから、ディッガーPCSC-72H。
ウィードエリアで「切る&ほぐす」がしやすい設計のディッガー。
7.2フィートの長さで、遠くからのビッグベイトの操作もしやすく、トレースコースを細かくコントロールしやすい利点もあります。

ヘビーバーサタイルロッドで、3ozまでのウィードを絡めたテクニカルなビッグベイトの釣りにも適したロッド。
また、琵琶湖ボート釣りで出番の多い、テキサスやスイミングジグ、スピナベなども広くカバーできる魅力もあります。

適合ルアーウェイトは、3/8〜3ozに対応。

2.ダイワ ブラックレーベル LG 6111H+FB-SB

出典:daiwa

購入想定価格:3.1万円前後

7フィートクラスの長さで、「繊細なティップ+ファストテーパー」というビッグベイト向けロッドには珍しいセッティング。
このモデルの強みは、水中のビッグベイトの動きを把握しやすい点。
ビッグベイトのデットスローやスローリトリーブが有効なシーズンには、特に強みになってくる設計となっています。

適合ルアーウェイトは、3/8~5ozまで広く対応可能です。

その3.スイムジグ、チャターベイトの釣り

View this post on Instagram

釣りの思ヒデ☻さん(@kurohide_1130)がシェアした投稿


琵琶湖ボート釣りで、横の動きに反応がある時期などに出番が多くなる、スイミングジグやチャターベイトの釣り。
チャターでは、濁りがあるか?も意識したい釣りですが、どちらもナチュラルにアピールできる強みがあります。

特に、水中をどれだけ把握できるか?が釣れるポイント。
ボトムを意識した使い方や、ウィードに対してどう引いてくるか?季節に合わせたレンジなど、奥深い釣りでもあります。
そのため、できれば水中が把握しやすいスイミングジグやチャターベイト向けのロッドで挑みたいところです。

【琵琶湖ボート釣り】スイムジグ、チャターベイト向けロッド!2本

1.エバーグリーン PCSC-71M+ シャープシューター

出典:evergreen

購入想定価格:4.5万円前後

繊細なティップで、スイミングジグやチャターベイトなどが、ウィードに当たる感覚を掴みやすいモデル。
また、ウィードを通過した直後など、瞬間的なバイトも受け止めやすい、しなやかなベリー設計もこだわりがあるロッドとなっています。
2ozまでのバイブレーション、スピナベなど巻物全般に対応できるので、琵琶湖で使う巻物ルアーに広く対応できるのも嬉しいポイントです♪

適合ルアーウェイトは、1/4〜2ozに対応。

2.ジャッカル×シマノ ポイズングロリアス XC 173MH-G

出典:shimano

購入想定価格:5.5万円前後

2019年に巻物シリーズとして追加されたポイズングロリアス XCシリーズ。
中でもチャターベイト、スイムジグ向けのロッドが173MH-G。
柔軟性が魅力のグラスティップに、カーボンバットで感度も担保。
ウィードに当たる感覚や、地形の変化も把握しやすいモデル。

流行りのマグナムクランク向けロッドでもあるので、琵琶湖ボート釣りで特に重宝しそうな巻物ロッドです♪
適合ルアーウェイトは10〜35g。

その4.マグナムクランクの釣り

View this post on Instagram

釣光TV「turikouTV」さん(@turikoutv)がシェアした投稿


琵琶湖ボート釣りで、流行とも言えるマグナムクランクの釣り。
台風の多いシーズンなど、濁っていて他のルアーではアピール力が少ない時には特に重宝するアイテム。
ただし、ロッドが適したものでないと疲れやすいので要注意です。

また、スタックを回避しやすいロッドを選んで、ウィードなどのストラクチャー絡みを意識するのも釣れるポイントです。

【琵琶湖ボート釣り】マグナムクランク向けロッド!2本

1.ダイワ ブラックレーベル LG 7101HFB-SB

※画像はLG741MHRB

出典:daiwa

購入想定価格:3.1万円前後

長さは約7.9フィートとロングタイプで、マグナムクランクをロングキャストしてしっかり潜らせることができる強みがあります。
また、マグナムクランクの重みを長いロッドに乗せてキャストできるので、疲労も軽減できそうです。
対応できる想定ルアーは、マグナムクランクはもちろん、ビッグベイト、スイムベイトと「琵琶湖のデカバスハンター」には嬉しい一本です♪

適合ルアーウェイトは、3/8~4・1/2ozに広く対応。

2.ジャッカル×シマノ ポイズングロリアス XC 173MH-G

出典:shimano

購入想定価格:5.5万円前後

19New巻物シリーズ、ポイズンXCシリーズの中でも、パワークランキング向けロッドの173MH-G。
ディープダイバーやマグナムクランクを想定し開発されたモデルで、チャターベイトやスイムジグといった琵琶湖で出番の多いルアーにも対応可能。
柔軟性のあるグラスティップでバラシを抑えつつ、障害物を把握しスタックをかわしやすい高感度のカーボンバットも嬉しい設計です。
適合ルアーウェイトは、10〜35g対応です。

その5.フロッグの釣り

View this post on Instagram

Shigeki Murazekiさん(@mura_s0202)がシェアした投稿


シャローでの釣りや、ウィードが長くなって水面まで伸びてくるようなシーズンに有効なフロッグの釣り。
デカイのも出やすい琵琶湖だけあって、強めのフロッグ向けロッドが必要です。
バットパワーが強く、ヘビーカバーでもフッキングが決まりやすく、カバーからバスを引き出せる力のあるロッドだと琵琶湖でも使いやすいです。

【琵琶湖ボート釣り】フロッグ向けロッド!2本

1.シマノ スコーピオン 1703R-2

出典:shimano

購入想定価格:2.7万円前後

世界基準の設計で、パワー面でも安心な19スコーピオン。
スコーピオンらしいカラーリングでコルクとの見栄えが、とてもカッコいいモデルです。
中でも、フロッグ対応モデルが1703R-2。

7フィートクラスの長さを使ったロングキャストはもちろん、遠くのカバーでもしっかりフッキングしやすいバットパワーのあるモデル。
適合ルアーウェイトは、10〜40gに対応。

2.ダイワ ブラックレーベル SG 7011MHXB-FR

出典:daiwa

※画像はSG 6102M+RB

購入想定価格:3.1万円前後

19ブラックレーベルからは、フロッグ向けモデルのSG 7011MHXB-FR。
ソフトなティップを持ったロッドで、フロッグの操作性が高いモデル。

もちろんフロッグ向けということで、ベリーからバットにかけてパワーがあり、安心。
約7.1フィートの長さを利用した遠くからのフロッグ操作と、遠投もしやすいので、琵琶湖の広いウィードエリアでも使いやすいモデルとなってます。

適合ルアーウェイトは、7~28gに対応。

適したロッドで琵琶湖ボート釣りを楽しもう♪

エキサイティングなバス釣りが楽しめる琵琶湖のボート釣り。
一般的なフィールドで使用するバスロッドでも対応可能な釣りも多いですが、ビッグサイズやヘビーカバーの多い琵琶湖向けに、特別に用意しておきたいロッドも多くあります。
特にパワー面で安心できるロッドを用意して、琵琶湖ボートフィッシングを楽しみ尽くしましょう(^∇^)

  • 2019 02.25
RETURN TOP