4oz対応ビッグベイトロッド厳選16本!低価格〜ワンランク上のモデル

最終更新日:

4oz対応のビッグベイトロッドをテーマに、魅力的なロッドを厳選します。価格は1万円台前半のモデルから5万以上のワンランク上のロッドまで。
巻きを重視したモデルや、テクニカルなルアー操作を楽しめるモデル。他のルアーにも広く使えるモデルなど、理想にマッチした一本を探してみましょう。

『低〜中価格帯』4oz対応ビッグベイトロッド厳選9本

まずは、低価格帯〜中価格帯の、4oz対応ビッグベイトロッドをご紹介します。
価格にして1万円台前半〜約3.5万円までのモデルを9本ピックアップしました。
理想のスタイルをイメージしながら、お気に入りを探してみましょう。

1.「注目のNewシリーズ」リベリオン 7111HFB-SB

  • 想定購入価格:2.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:11〜113g(3/8〜4oz)
  • ロッド長さ:2.41m(約7フィート11インチ)
  • 硬さ:H
  • 自重:145g

2020年の、ダイワ注目のNewシリーズ、リベリオン。
手の届きやすい価格帯で、キャスト精度の高い振り抜きの良さが特徴のシリーズ。

中でも7111HFB-SBは、繊細なティップでルアーの動きを明確に把握しやすい、高感度が強みのロッド。
ビッグベイトやスイムベイトが得意なモデルで、ショートバイトを逃しにくい追従するティップも強み。
広くルアーウェイトに対応できるのも嬉しい一本です。

2.「先調子&お手頃価格」ブレイゾン 691H+B-SB

  • 想定購入価格:1.3万円前後
  • 適合ルアーウェイト:11~127g(3/8~4・1/2oz)
  • ロッド長さ:2.06m(約6フィート9インチ)
  • 硬さ:H+
  • 自重:115g

ダイワのバスロッドの中でも、1万円台前半と手に入りやすい価格ながら、ネジレ抑制技術や強さと粘りが特徴の高密度HVFカーボンなど、ダイワ技術が光るブレイゾン。

中でも691H+B-SBは、3/8~4・1/2ozと広いルアーウェイトに対応できるモデルで、ビッグベイトロッドの中では特殊なテーパーである先調子ロッド。
これにより、リップ付きのビッグベイトの動きを把握しやすく、羽モノや動きを把握しづらいスイムジグもこなせるセッティングになっています。

3.「高い遠投性能」ホーネットスティンガープラス HSPC-741X-BB

  • 想定購入価格:1.6万円前後
  • 適合ルアーウェイト:Max4oz
  • ロッド長さ:223.5cm(7フィート4インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 硬さ:EXH
  • 自重:165g

アブガルシアのバスロッドの中でも、入門者から上級者と広い層から信頼を得ているシリーズ。
中でもホーネットスティンガープラス HSPC-741X-BBは、リトリーブとロッドでのルアー操作がバランスよく行えるレギュラーファーストのモデル。
長さや反発を使った遠投もしやすく、絶妙なウェイトバランスなど、体への負担を少なくできる設計も魅力の一本です。

4.「ナチュラルな演出」エアエッジ 7111HB-SB・E

  • 想定購入価格:2.3万円前後
  • 適合ルアーウェイト:11~131g(3/8~4oz)
  • ロッド長さ:2.41m(約7フィート11インチ)
  • 硬さ:H
  • 自重:200g

ダイワのバスロッドの中では、手の届きやすい価格や上位モデルに迫るダイワ技術などが特徴の、エアエッジ。
中でも7111HB-SB・Eは4ozまで対応可能で、繊細なティップとベリーからバットはパワーのあるセッティング。
これにより水を絡ませたナチュラルな演出が可能で、キスバイトも追従してフッキングしやすい設計。

8フィートに迫る長さも特徴で、ビッグベイトのロングキャストや、遠くからでもルアーの動きを把握しやすく、スイムベイトやウェイクベイトにも適した一本です。

5.「大遠投が可能」エクスプライド 190XXH-2

  • 想定購入価格:2.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:MAX200g(約7oz)
  • ロッド長さ:2.74m(約9フィート)
  • テーパー:レギュラー
  • 硬さ:XXH
  • 自重:175g

シマノの手の届きやすい価格帯でコスパの高いシリーズ、エクスプライド。
中でも190XXH-2は、約9フィートのロングロッドで、ビッグベイトの大遠投ができ、グリップも長めでロングキャストがしやすいモデル。

ルアーの動きを把握しやすいソフトティップで、ショートバイトも掛けやすく、ワン&ハーフ設計で、強いベリーからバットでフッキングも安心の一本です。

6.「先調子でマグナムクランクも◎」ブラックレーベルLG 7101HFB-SB

  • 想定購入価格:3.1万円前後
  • 適合ルアーウェイト:11~127g(3/8~4・1/2oz)
  • ロッド長さ:2.39m(約7フィート10インチ)
  • テーパー:ファーストテーパー
  • 硬さ:H
  • 自重:153g

ダイワバスロッドの中でも信頼の厚い、ブラックレーベルシリーズ。
2019モデルのビッグベイト向けロッドで、スイムベイトや流行りのマグナムクランクにも適したロッド。
繊細なティップのファーストテーパーで、水中を把握しやすい強みが特徴の一本です。

7.「多魚種対応」ヴァルキリーワールドエクスペディション VKC-66XH

  • 想定購入価格:2.8万円前後
  • 適合ルアーウェイト:1/2〜5.1/4oz(Max150g)
  • ロッド長さ:6フィート6インチ
  • テーパー:レギュラー
  • 硬さ:XH

ビッグベイト向けロッドも多くリリースされているメガバスからは、2019年11月に発売されたNewモデル、ヴァルキリー ワールドエクスペディション VKC-66XHをピックアップ。

100g(約3.5oz)以上のビッグベイトをテクニカルに使えるモデルで、操作性の高い長さや、バスやシーバス、その他世界中のモンスタークラスを相手にできるパワーのあるスペックが特徴。
バスだけでなくその他の魚にも、テクニカルなビッグベイトの釣りを展開したい場合に理想の一本です。

8.「青木大介モデル」アウトサイダー ODC-75EXH

  • 想定購入価格:3.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:Max4oz
  • ロッド長さ:2.26m(7フィート5インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 硬さ:EXH
  • 自重:187g

青木大介プロプロデュースのビッグベイト専用シリーズ、アウトサイダー。
中でも4ozまで対応できるモデル、ODC-75EXHをピックアップ。

リトリーブとルアー操作をバランスよくこなせるレギュラーファースト設計で、トルクも特徴のモデル。
4oz級のビッグベイトを遠投できるスペックで、ダブルハンドキャストがしやすく、体への負担を減らしたビッグベイトの釣りができるグリップの長さも特徴です。

9.「秦プロが手掛ける2ピースロッド」ポイズンアドレナ 169XH-SB/2

  • 想定購入価格:3.5万円前後
  • 適合ルアーウェイト:MAX150g(MAX約5.3oz)
  • ロッド長さ:2.06m(約6フィート9インチ)
  • テーパー:レギュラー
  • 硬さ:XH
  • 自重:130g

シマノ×ジャッカル共同開発シリーズ、ポイズンの中でも最も手の届きやすいシリーズに当たる、ポイズンアドレナ。
今回は、センターカット2ピースシリーズに、2020年5月新製品として追加されたモデル、169XH-SB/2 Exude powerをピックアップ。

遠征の釣行も増えた秦プロが手がけた2ピースモデルで、モンスタークラスのバスも相手にできる安心できるパワーを備え、海外の大型魚も対応。

得意なルアーは、秦プロが最も得意とするビッグベイト&スイムベイト。
MAX150g(約5.3oz)まで対応でき、普段のビッグベイトの釣りはもちろん、オカッパリ、レンタルボート、遠征バス釣りなど、あらゆるシーンで活躍してくれそうです。

『ワンランク上の』4oz対応ビッグベイトロッド7本

ここからは、ワンランク上の4oz対応ビッグベイトロッドをご紹介します。
価格にして約4万円以上のモデルで、超軽量で体への負担が少ないモデルや岸釣りで重宝するバーサタイル性が強みのモデル。
ジョイクロ向けの特殊なモデルなど、計7本をピックアップしました。

1.「圧倒的なバーサタイル性」ハートランド 6101H/XHFB-RR17

  • 想定購入価格:4.3万円前後
  • 適合ルアーウェイト:7〜112g(1/4〜4oz)
  • ロッド長さ:2.08m(約6フィート10インチ)
  • テーパー:ファーストテーパー
  • 硬さ:H/XH
  • 自重:142g

オカッパリを極めたい場合に選ばれやすいダイワのシリーズ、ハートランド。
中でも6101H/XHFB-RR17は、20周年を記念して開発された「Rod and Reel」とのコラボモデル。
読者の要望にマッチした、バーサタイル性や投げやすさ、スタック回避性能をクリアしたモデルで、4ozクラスのビッグベイトから5gのライトテキサスなどもカバーすることができる、圧倒的なバーサタイル性が特徴。

4ozまでのビッグベイトだけでなく、一本で広くカバーしたい場合に重宝する秀逸モデルです。

2.「パワフルな釣りに広く」 PCSC-74X ブラックアクテオン

  • 想定購入価格:4.8万円前後
  • 適合ルアーウェイト:14~112g(1/2~4oz)
  • ロッド長さ:2.23m(約7フィート4インチ)
  • テーパー:ローテーパー
  • 硬さ:エクストラヘヴィ
  • 自重:168g

エバーグリーンの中では、キャスト、操作、掛けるなど、バス釣りで必要な動作全てを高次元で再現できることをテーマに開発されているシリーズ、コンバットスティック フェイズ。
フェイズシリーズの中でも、ビッグベイト専用モデルであるPCSC-74Xは、美しくしなるブランクで狙ったところにビッグベイトを投入しやすく、遠投性能や肉厚ローテーパーのモンスタークラスとのやりとりも安心のスペックが◎

ビッグベイトはもちろん、スイムベイトやパンチング、フロッグなど一本で広くこなせる秀逸ロッドです。

3.「カバーの釣りに」ドムドライバーフリッピングエディション HGC-77XR/FE

  • 想定購入価格:4.6万円前後
  • 適合ルアーウェイト:1/2~4oz
  • ロッド長さ:7フィート7インチ
  • テーパー:レギュラーテーパー
  • 硬さ:X-Heavy
  • 自重:約225g

ビッグベイトロッドとして候補に入りやすいデプスからは、サイドワインダーのフリッピングモデルをピックアップ。
中でも、ドムドライバー HGC-77XR/FEは、琵琶湖などのヒシモやグラスマットからビッグバスを引きずり出せるスーパーヘビーシャフトが特徴。
また、フォアグリップを無くし、短めのリアグリップで高い操作性も◎
カバー周りのビッグベイトや、マットでのヘビーテキサスリグで使いやすい一本です。

4.「集中した巻きの釣りが可能」モンストロ 77

  • 想定購入価格:5.1万円前後
  • キャストウェイト:10~170g(〜約6oz)
  • ロッド長さ:7フィート7インチ
  • テーパー:レギュラー
  • 自重:197g

ビッグベイトロッドを選ぶ際に人気の高いメーカー、TULALA(ツララ)からは、モンストロ77をピックアップ。
リップ付きビッグベイトやマグナムクランクでの波動をしっかりとロッドに伝え、集中した巻きの釣りができるセッティング。
また、安定したスロー〜ファーストリトリーブがしやすい、絶妙なバランスも特徴の一本です。

5.「軽量&高感度」ポイズングロリアス 174XH-SB ウルトラボルティズム74

  • 想定購入価格:6万円前後
  • 適合ルアーウェイト:MAX150g(約5.3oz)
  • ロッド長さ:2.24m(約7フィート4インチ)
  • テーパー:レギュラーファースト
  • 硬さ:XH
  • 自重:135g

シマノの中でも、ジャッカルとのロッド開発を行うシリーズ、ポイズングロリアス。
中でも、174XH-SBウルトラボルティズム74は、50〜150gの中〜大型ビッグベイトに対応できるモデルで、水中の情報をより正確に把握できるカーボンモノコックグリップなど、メーカー技術が光るモデル。

体への負担が大きいビッグベイトの釣りでは嬉しい、自重135gという軽さも強みで、スイムベイトにも適した一本です。

6.「ジョイクロマグナム専用機」デッドソードマグナム KG-00 9-760EXH

  • 想定購入価格:6.2万円前後
  • 適合ルアーウェイト:2〜5oz
  • ロッド長さ:7フィート6インチ
  • テーパー:ファースト
  • 硬さ:EXH
  • 自重:約215g

ジョインテッドクローで有名なガンクラフトからは、デッドソードマグナムKG-00 9-760EXHをピックアップ。
ジョインテッドクローマグナム専用として設計されたモデルで、ルアーを追いかけてきたバスにロッドアクションを加え、口を使わせる。この流れをより完璧にこなせるよう設計されたモデル。

オリジナルのファーストテーパーや、ルアー操作性の高さ、チェイスしてきたバスを掛けやすいフッキング性能など、ジョインテッドクローマグナムを中心とした釣りに最適な一本です。

7.「岸釣りパワーロッド」IGTC-611XMH グランドコブラGT

  • 想定購入価格:6.6万円前後
  • 適合ルアーウェイト:10.5~112g(3/8~4oz)
  • ロッド長さ:2.12m(約6フィート11インチ)
  • テーパー:ローテーパー
  • 硬さ:エクストラミディアムヘヴィ
  • 自重:149g

エバーグリーンのバスロッドの中でも最上位モデルに入るカレイド インスピラーレGT。
上質な国産最高峰カーボン素材や最新技術など、細部までこだわり抜いたシリーズ。

中でも、IGTC-611XMH グランドコブラGTは、圧倒的な剛性が特徴。
オカッパリでのモンスタークラスを仕留めることをテーマに設計されたモデルで、4ozまでのビッグベイトはもちろん、スイムベイトやクランク、スピナーベイト、ラバージグ、ライトテキサス等、あらゆるルアーを高次元でこなせる逸品です。

4oz対応ビッグベイトロッドで投げれる代表的なビッグベイト

4oz対応のロッドでは、どういったビッグベイトを使うことができるのか?複数のメーカーより代表的なビッグベイトをピックアップしました。
下記のルアーウェイト一覧を参考に、使えるルアーや使いたいルアーを確認してみましょう。

2oz以下の代表的なビッグベイト
ジョイクロ148S(1.3oz)
ジョイクロ148F(1.2oz)
サイレントキラー145(1.5ozクラス)
スライドスイマー145(1.8ozクラス)
ブルシューターjr130mm(2oz)
ジョイクロ178(2ozクラス)

2oz〜4ozクラスの代表的なビッグベイト
SG+アユロイド(2.3oz)
ガンタレル160mm(2.5ozクラス)
サイレントキラー175(2.5oz、2.8oz)
スライドスイマー175(2.6oz、2.8oz)
バスロイド(3ozクラス)
ブルシューター160(3.5oz、3.7oz)
ジョイクロマグナム230mm(4ozクラス)

https://mon-ster.net/osusume-bigbaitrod

理想のスタイルにマッチした一本を!

今回は、4oz対応ビッグベイトロッドをテーマに16本ご紹介しました。
最新モデルやルアー操作性の高いモデル、広くルアーをこなせるモデルなど、様々なタイプのロッドを厳選しました。

理想のスタイルにマッチしたモデルを選ぶことでキャッチ率もアップし、よりビッグベイトの釣りを楽しめると思います。

  • 2019 05.11
RETURN TOP