代表的な“ビッグベイト別”に見る、おすすめベイトロッド8選

最終更新日:

このビッグベイトは「どんなロッドが必要か?」「どれが理想的なのか?」に答えるべく、代表的なビッグベイト別に、理想的なおすすめベイトロッドをご紹介します。

今回ピックアップしたビッグベイトは、有名で代表的とも言える4つのルアー。
ジョインテッドクロー178、ガンタレル160、ブルシューターJr、ガルダ。
そして、それぞれに対しておすすめしたい理想的なロッドを「2選ずつ」ご紹介しました。

使用予定のビッグベイトがない場合は、共通する特徴を持つビッグベイトを探して、おすすめロッドを確認してみましょう。

1.ジョインテッドクロー 178「ビッグベイトの代表格」

ウエイト:2ozクラス
想定購入価格:約4800円前後

ビッグベイトの代表的なルアーとも言える、ガンクラフトのジョインテッドクロー。
略してジョイクロと言われるシリーズですね。

シリーズの中では178が定番サイズ。
使いやすいミドルサイズで、ビッグベイトならではの存在感あるシルエットと、シャープなS字アクションが印象的です。

また、ロッドアクションに対して、ダイレクトにキレのいい動きをしてくれる為、不規則な小技で喰わすといった技も使いやすいです。

『ジョインテッドクロー178向け』おすすめロッド2選

1.ガンクラフト デッドソード KG-00 6-710EXH「ジョイクロ専用ロッド」

適合ルアーウエイト:1〜3oz
想定購入価格:約5.2万円前後

ガンクラフト デッドソード KG-00 6-710EXH
特徴的なのは、ファーストテーパーアクション。
このセッティングにより、S字の幅をより大きく演出できる強みが!
また、技で楽しめる魅力のあるジョイクロ178を、よりロッドアクションで楽しめるよう、ティップはより細かいアクションを付けやすい設計になっています。

2.ダイワ スティーズ 721HFB ウェルズリー「高感度ブランクスで、水中を把握」

適合ルアーウエイト:1/4〜1・1/2oz
想定購入価格:約5万円前後

琵琶湖北湖をメインに、ジョインテッドクロ-でのデカバスハントを得意とするプロガイド、長谷川耕司さん愛用のロッド。
ちなみにジョイクロの人気カラー、長谷川ピンクも存在します。

721HFB ウェルズリーの特徴は、高感度ティップと強いバット。
その為、ロッド操作も多くなるジョイクロ178の釣りに理想的な操作性で、力を発揮してくれます。
また、S字幅を最大限に引き出しやすいティップも◎

超高密度SVFカーボンを採用した高感度ブランクスで、水中をより把握しやすく、S字系ルアーだけでなく、テンスイ釣法、ジグ、テキサスなどのボトムの釣りで使いやすい一本です。

2.ガンタレル 160「ギル型ビッグベイトの人気モデル」

ウエイト:70g(約2.47oz)
想定購入価格:約4000円前後

ビッグベイトの中でも、釣れやすく人気なのが、ギル型ビッグベイト。
ボディの形状上、狙ったところにピンポイントでキャストしやすい魅力もあります。

今ではたくさんのギル型ビッグベイトがリリースされる中、特に代表的なのがジャッカルのガンタレル160。
通常はタダ巻きで、チェイス時などロッドアクションでのヒラ打ちアクションや、180度ターンで効果的にバスにアピール可能。

テクニカルな使い方が出来るため、バスの反応を見ながら色々と戦略的な釣りが楽しめます。

『ガンタレル160向け』おすすめロッド2選

1.シマノ ポイズングロリアス 169XH-SB「テクニカルな使い方にぴったり」

適合ルアーウエイト:50~150g(約1.7oz〜5.3oz)
想定購入価格:約5万円前後

ビッグベイトがよく使われるメジャーフィールドでは、どうすればいいのか?
単純に、バスにとって新鮮な動きで誘う。これが答えだと思いますが、そういった「テクニカル」なビッグベイティングが再現できるのがこのモデル。

ジャッカルとシマノ共同開発のこのモデルは、チェイス時などを中心に、トゥイッチやジャークといった不規則な動き(より生命感ある動き)を加えやすい設計のモデル。

テクニカルな使い方が出来るガンタレル160にぴったりで、レギュラーファーストの特徴を生かした、巻き&トリックをバランスよくこなせる一本です。

2.ダイワ ブレイゾン 6111HB-SB「低価格&スローテーパー」

適合ルアーウエイト:3/8~4oz
想定購入価格:約1.3万円前後

ダイワバスロッドの中でも、お財布に優しい低価格帯のモデル。
約1.3万円前後で手に入るモデルで、3/8~4oz対応と広くルアーをカバーできるのも◎

ミドルクラスのビッグベイトまで使いこなせるモデルで、特徴は、S字系などのジョイントビッグベイトで力を発揮できる所。
ティップが入りすぎるとS字系ルアーの動きが出にくいという論理から、バットから曲がるスローテーパーセッティング。

その為、ロッドに重みを乗せての楽なキャストがしやすかったり、魚に追従して曲がる為、バラしにくさも強みに。
対応できる代表的なルアーは、ジョイントビッグベイトだけでなく、スイムベイトやフロッグ、ラバージグにも対応可能。

足場の高い場所でも50upを抜き上げれるだけのパワーがあるなど、オカッパリで特に重宝しそうな一本です。

3.ブルシューター Jr「小規模フィールドでも使いやすいサイズ」

ウエイト:2ozクラス
想定購入価格:約5000円前後

現在はまだ一般販売はされていませんが、比較的使いやすいサイズ感と釣れやすいブルーギル型ルアーということで、ピックアップしました。
購入は、デプスメンバー用ページや、オークション、中古ショプなどが一般的です。
デプスメンバーだと、税抜約4000円で、オークションだと新品落札相場が5500円前後と、数年前と比べるとだいぶ値段が落ち着いたようです。(数年前は約1万円前後)

そんなブルシューターJrですが、野池などの小規模フィールドでも使いやすいサイズ感になっています。
また2ozクラスということで、一般的なタックルでも対応しやすいメリットも
あります。

動きは、ただ巻きではS字を描いた動き。
そしてキレのあるトゥイッチやジャークで誘つことができます。

『ブルシューターJr向け』おすすめロッド2選

1.ダイワ ブラックレーベル SG 701XHSB-SB「10年ぶりにフルモデルチェンジ」

適合ルアーウエイト:1/2~5・1/2oz
想定購入価格:約3.2万円前後

2019年に10年ぶりにフルモデルチェンジを遂げた、ブラックレーベル。
評価の高かったブラックレーベルシリーズに、ダイワの最新技術を搭載し、ブラッシュアップされています。

中でもSG 701XHSB-SBは、絶妙な硬さのティップを持ったロッドで、リップレスビッグベイトの動きをより引き出しやすいセッティングになっています。
1/2~5・1/2oz対応と、とても広くルアーをカバーでき、ブルーシューターjrをより高い操作性でテクニカルに使うことが可能。
もちろん、4oz、5oz級のビッグベイトも使え、これ一本でスモールクラスから、ミドル、大きめのビッグベイトまでを一本でこなせる魅力があります。

2.シマノ ゾディアス 175XH「ロングキャストが得意な、お手頃モデル」

適合ルアーウエイト:14~56g(約1/2〜2oz)
想定購入価格:約1.6万円前後

シマノバスロッドの中で、手頃な値段で本格的なバス釣りを楽しめるシリーズ。
豊富なラインナップも魅力で中でも175XHは、約7フィート5インチのロングロッド。
RF(レギュラーファースト)テーパーで、操作性とビッグベイトでのフッキング性能の高さや、重みを乗せてのロングキャストがしやすいモデル。
ピッチングやフリッピングのテクニックにも対応しやすい一本です。

4.メガバス ガルダ「アピールの強さで広く効率的に探れる」

ウエイト:4.5oz
想定購入価格:9千円前後

236mmの4.5ozと、大きなシルエットで存在感溢れる、ガルダ。
フローティングタイプで、最も特徴的なのが、強いアピール力。

大きなシルエットだけでなく、強い波動を発生させるウォブリングアクションや、強いサウンドでアピールできます(サイレントチューンも可能)。
そのため、広いエリアでも効率よく探れるのが強み。
また、デッドスティッキングにも対応。

攻めるレンジは、0〜1.5mレンジが得意で、ウェイトハンガーにオモリを装着し、探るレンジを変更できるなど、細かな調節ができるのも魅力です。

『ガルダ向け』おすすめロッド2選

1.ダイワ ブラックレーベル LG 6111H+FB-SB「水中での動きを把握しやすい」

適合ルアーウエイト:3/8~5oz
想定購入価格:約3.1万円前後

繊細なティップを採用したファーストテーパーセッティングで、デットスローリトリーブでも動きをつかみやすく、潜行していくルアーにも向いたモデル。
より水中を把握できることで、リップ付きビッグベイトで有利に。

また高い巻き感度で、ボトムやストラクチャーを察知しての、かわし易さも◎
スイムベイトやスイムジグにも適したセッティングで、3/8~5ozのルアーに広く対応できる秀逸ロッドです。

2.シマノ エクスプライド 190XXH-2「9フィートクラスで大遠投が強み」

適合ルアーウエイト:MAX200g(約7.05oz)
想定購入価格:約2.5万円前後

シマノ中価格帯バスロッドの人気シリーズ、エクスプライド。
中でも北米逆輸入モデルの、約9フィートのロングロッドである190XXH-2。

MAX200gに対応できるパワーロッドで、ビッグベイトを大遠投できるのが最大の強み。
セッティングはレギュラーテーパーで、重みをロッドに乗せての楽なキャストや、ソフトティップでアタリを弾かない魅力が◎

ビッグベイト&スイムベイトが得意なモデルで、スピナーベイト、バイブレーション、キャロライナリグにも対応可能。
より遠くのポイントを探るなど、特にオカッパリで重宝する一本です。

ルアーの特徴を活かせる、理想のビッグベイトロッドを手にしよう

使いたいビッグベイトにマッチした一本は見つかりましたか?
他にもたくさんのビッグベイトロッドがある中、それぞれのルアーの特徴を活かせるロッドに絞り、おすすめをご紹介しました。

ある程度、使用ルアーの特徴を絞り込んでロッドを選ぶことで、より結果の出るバス釣りが楽しめると思います。

  • 2019 07.25
RETURN TOP