2019年新型ベイトリール「遠投性能で選ぶ」ならこの6機種

2019年新型ベイトリール「遠投性能で選ぶ」ならこの6機種

最終更新日:

今回は、「遠投性能の高さ!」これをテーマに、今年の2019年新型ベイトリールから厳選してピックアップしていきたいと思います。
「地形の変化をサッと把握し、戦略を練る時」に、遠投性能が高いのは必須。
また、遠投性能が高いと助かるシチュエーションとしては、「対岸のカバー撃ち」や、「ディープクランクを遠投し、しっかり沈ませてバスがいる場所まで届かせる」といった場面で役立ちます♪

ってことで、遠投性能の高さを条件に、気になる2019年新型ベイトリールを見ていきましょう。

1.遠投性能といえばこの機種!19アンタレス

出典:shimano

まずは、遠投性能といえばこの機種ですね!
シマノのアンタレス。
今年の19モデルはマグナムライトスプールⅢを搭載し、より伸びのある遠投が可能になっています。
また嬉しいのは、遠投性能のブラッシュアップだけでなく、スプールの立ち上がりが良くなった事で、軽量ルアーの使いやすさも向上しています。

最も遠くへ、快適に。
この感覚を体感しながら釣りがしたい方はアンタレスが理想的な機種と言えます。

本体価格は58,000円。
発売は、HG右は2019年2月、右モデルは3月。
HG左、左モデルは4月発売予定となっています。

関連記事:さらに詳しく19アンタレスを知る

2.DC搭載の19カルカッタコンクエストDC

出典:shimano

シマノベイトリールの中でも、「より遠投を!」という場合に必ず出てくるフレーズ。
それが、DC。
更に、カルカッタコンクエストの安定感ある遠投性に、DCが搭載しているのでとても魅力的です。

「フルモデルチェンジはいつ?」
「カルカッタコンクエストのフルモデルチェンジがあったからもう直ぐでしょ?」
と思いつつ、ずっと待たされ続けた人も多いと思う新型19カルカッタコンクエストDC。

本体価格は、69,000円とお高いですが、カルカッタコンクエストシリーズの性能を知っている人は、「まぁ、当然するよね・・」って印象でしょうか?(^^)

楽しみな発売は、右ハンドル=3月。
左ハンドル=5月発売予定となっています♪

関連記事:さらに詳しく19カルカッタコンクエストDCを知る

3.信頼の塊!!19スコーピオン MGL

出典:shimano

シマノの中価格帯の機種で、信頼の塊とも言えるスコーピオンシリーズ。
今回の19スコーピオンは、シマノのメタニウムなどでも採用されているMGL(マグナムライトスプール)を搭載しているため、遠投性能は◎

ラインキャパも、12lbで130m。16lbでも100m巻けるので安心です。

本体価格は27,000円。
2019年4月発売予定です。

4.注目の新星!!コスパ高のSLX MGL

出典:shimano

新たにシマノベイト機種のハイコストパフォーマンスモデルの代表的ポジションに今後なっていきそうな、そんな期待の星がSLX MGL。

すでに別記事で圧倒的遠投性能の事実には触れていましたが、
「低予算×高い遠投性能」
というワガママを最も叶えてくれるのが、このSLX MGLです。

気になる本体価格は21,000円。ってことなので、手に入る価格は1万5000円前後になるでしょう。
発売は、2019年5月予定です。

関連記事:さらに詳しくSLX MGLを知る

5.信頼のタトゥーラNewモデル「19タトゥーラ TW」

出典:daiwa

遠投性能も魅力の19タトゥーラTW。
ライン放出がスムーズになるTウイングシステムがしっかり装備。
元々、遠投性能も高いタトゥーラシリーズなので、最新モデルも遠投性に対して期待大です。

14lb:115m、16lb:100mのラインキャパで、ラインの心配もなし。

本体価格は20,700円。
発売は2019年2月となっています。

関連記事:さらに詳しく19タトゥーラを知る

6.遠投性能も担保!!キムケンプロデュースのBLACK10

出典:purefishing

遠投性能も高く、遠くへキャストして巻物で釣るスタイルも展開しやすかったBLACKシリーズ。

その遠投性能も担保した、19年最新モデルがこの機種、BLACK10です。
ホールドもしやすい形状なので手返しがよく、テンポのはやい遠投巻物の釣りでも使いやすいです。

発売は2019年3月予定で、本体価格44,000円となっています。

割引率も高い傾向にあるアブガルシアのベイトリール。
バスプロプロデュースでも比較的低価格で手に入るのはアブガルシアならではの魅力ですね♪

関連記事:さらに詳しくBLACK10を知る

バスのストライクゾーンにルアーを送り込もう!!

今回のテーマは、「遠投性能の高さ」に絞って19年新型ベイトリールの中からピックアップしました。
バスのストライクゾーンにしっかりとルアーを送り込み、どんどんバスをキャッチしていきましょう♪

この記事と関連した記事♪

2019年新型ベイトリールから「撃ち向け」を5機種厳選チョイス!!

  • 2019 02.03
RETURN TOP